• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

骨から個人特定するDNA検出されず 山梨県警は別の鑑定続行

6
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    毎日新聞 客員編集委員

    山梨県警に任せず警察庁の科警研が入って分析していると思います。それでもやはり難しいのでしょう。こらからはミトコンドリアDNAを調べてお母さんとの一致点を探す分析に入るのではないでしょうか。お母さんの心中察するに余りあります。
    想起するのは1988年に起きた宮崎勤元死刑囚による連続幼女誘拐殺人事件です。宮崎元死刑囚は、殺害した幼女の遺骨を自宅に届けるという鬼の所業のような行為をします。ところが、その遺骨を鑑定した専門家が、遺骨は幼女のものではないと鑑定してら発表し大混乱します。科警研が乗り出して幼女の遺骨だと確認、訂正するのですが、この騒ぎに翻弄された遺族のお気持ちを考えると今も胸が痛みます。丁寧で迅速な鑑定を求めます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか