【本田圭佑】俺にとってサッカーは人生のウォーミングアップだ

2014/11/14
本田圭佑はサッカー選手としてACミランと日本代表でプレーする傍ら、サッカースクールを経営する「経営者」としての顔がある。2012年にスタートした『ソルティーロ』はわずか2年半で30校を超え、驚くべきスピードで拡大し続けている。2018年のW杯に向けて新たなスタートを切った今、本田は何を考えているのか? 日本代表の親善試合に向けて帰国する際、ミラノ国際空港で5つのテーマについて話を聞いた。
空港で取材交渉に成功
2014年11月9日、ミラノ──。
マルペンサ国際空港の荷物検査の出口で待っていると、ワインレッドのスーツを着た本田圭佑が現れた。左手に黒皮のハンドバッグ、右手に黒皮のスーツケース。いつもの出張スタイルである。
「今日は話をせえへんで。さっきも突っぱねてきたところだから」
どうやら空港の外でも記者から質問が飛んだらしい。いつもならばここで試行錯誤しながら、なんとかサッカーについて質問を投げかけ、言葉を引き出そうと躍起になっていただろう。だが、今回は“いつも”とはテーマが違うのだ。経済メディア「NewsPicks」の取材であり、ビジネスパーソンに向けた話がテーマである。変化球は必要ない。空港のロビーを歩きながら、思いっ切り直球を投げ込んだ。
──今回は本田圭佑の経営論を聞かせてほしい。日本のビジネスパーソンに話しかけるつもりで質問に答えてほしい。どうかな?
サングラスをかけた本田の表情が少し緩んだ。
「まずはそっちの話を聞こか」