新着Pick
67Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前もWSJで報じられていたが、YahooとAOLの合併は以前から取り沙汰されている。そろそろスターボードが痺れを切らしてもおかしくなさそう。
http://m.jp.wsj.com/articles/SB12033870174369024309904580178330203622908
マリッサ・メイヤーはそろそろ数字的な結果を求められる。AOLとの弱者連合は解決にはならないと思う
Starboard Valueは前からデジタル広告の可能性を強調し、両者の合併で10億ドルのコストカットできる、とか押している。動画とモバイルアドはメイヤーの転向戦略の鍵となっていて、先日も消費者の動画広告の売買を促進させるBrigjtRtollを6.4億ドルで買収したばかり。USだけでも今年のweb動画広告市場は60億ドルほどらしい。アリババが上がって、さらなる方向転換に期待!マリッサ推しなので。
真偽のほどはさておき、動画やニュースでポータルの生きる道を見つけ始めたAOLと迷走する米Yahoo!。株主の圧力にいつまでYahoo!が耐えられるか。
記事には下記のようにあるが、アームストロング氏は否定しているとか。
>ヤフー株主によると、アームストロングCEOは株主の提案に前向きな姿勢を示し、合併による利点も認識しているという。
面白い案。
AOLとの合併よりも、数字が未だ出せてないメリッサ追放計画の一部みたい。
これは前にも話があったような。日本だとAOLってまったく存在感ないけど、アメリカはどうなんだろ?
マードックが又対抗して攻めるのか興味
今後、何かがあるんだろう
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.63 兆円

業績