229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
BBCによるジョンソン首相とゼレンスキー大統領の対面記録
https://twitter.com/i/status/1512843068285886467
"Fantastic to see you." "Incredible." "You are absoluteley hero."などの絶賛が続きます。

ジョンソン首相自身によるウクライナへのメッセージ
https://twitter.com/i/status/1512877771474845700

ジョンソン首相の訪問は、政治パフォーマンスだけではなく、諸々の兵器支援の追加が発表されました。目玉として、初めて地対艦ミサイルが供与されます。
 ウクライナの海、黒海は、ロシア海軍によって封鎖されています。ロシア海軍は、艦砲射撃でウクライナ南部の都市を破壊するとともに、海上貿易を封鎖しています。
 港湾からの輸出ができない以上、穀物輸出をはじめとして、ウクライナの経済は相当程度回らなくなっています。
 もし黒海にいるロシア海軍を撃退して、港湾の使用か可能になれば、ウクライナの経済的、軍事的利益は非常に大きなものになります。そして、欧米諸国からの支援も、これまでよりずっと大きな規模で可能になります。
 ただ、英国が供与する地対艦ミサイルが、ロシア海軍にどれほど有効かは、まだわかりません。
米英の特殊部隊がウクライナ軍を支援しているとの噂も有るので、既にイギリスは侵略防止に相当貢献していると思われます。加えて、ジョンソン首相が自らキエフに訪問し、ゼレンスキー大統領と会談をした事は、西側諸国の強い連帯を示す為に絶大な効果を発揮すると思います。またこれは個人的な主観になりますが、イギリスはEUの一員では無いので、EUの中で「空気を読む」必要が無い事も電撃訪問が実現した理由の一つのような気がしています。
ドイツはロシアとのエネルギー問題を抱えており、フランスのマクロン大統領は大統領選の最中なので、ジョンソン首相がキーウを訪問したのは必然かもしれない。しかしこれは英国単独の話ではなく、今後もG7諸国は連携してウクライナを支えていくという意思表示なのだろう。
ある意味では一番、漁夫の利を得たのがジョンソン首相でしょうか。
欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は8日に、オーストリアのネハンマー首相も9日、キーウでゼレンスキー氏と会談しています。欧州諸国のウクライナ支援は、ある段階までの慎重で目立たない形から、目に見える行動でロシアに圧力をかける段階にエスカレートしてきました。
「不正」や「戦争犯罪」との対決、という構図が明確になるなかで、ロシアを「世界の敵」と位置づけ、長く続く新しい冷戦の時代が訪れたのだと、私は受け止めています。
ヘルメットも防弾服も何に身につけずにキエフの街を歩く写真を公開することで、暗に状況をアピールする狙いがあるということだ。しかも、ロシアの侵攻後、 G7構成国の首脳が、初めてのキエフを訪問したのである。
表面上は戦争の矢面に立たず、安全地帯にいてウクライナ人とロシア兵の流血を増やしているのは、米国と同じですね。

人道支援をうんと手厚くすることが、戦争当時国でない国の責務だと思うのですが…。
こういうアクションを取れるのは、さすがジョンソン首相…
というか二大政党制が確立していて、政権交代がある国の政治は緊張感があるのですよね。

EUのしがらみが無いのを逆手に取り、欧州でのイギリスの存在感を高めることにも効果があります。
予定調整ができたことに驚き。
国家元首ともなれば、移動も含めた予定を立てるのは大変だったでしょう。
周辺スタッフの方々お疲れ様でした。
イギリスは事前にロシアに根回しをしているのでしょうね。
キーウを電撃訪問している時に不本意であれジョンソン首相に何かあればイギリスとの全面戦争になってしまいます。
また、ロシアもメリットがなければ認めないでしょうから、ジョンソン首相はゼレンスキー大統領に何かメッセージを持ってきているのかもしれません。
今回のジョンソン首相のキーウ訪問が停戦合意のきっかけになってもらいたいです。
Meta is the world's largest online social network, with nearly 4 billion family of apps monthly active users.
時価総額
182 兆円

業績