新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
課題山積と言われ、それゆえに成長性も高いと言われるヘルスケア産業。最近ではヘルスケアテックを駆使したスタートアップが注目をされていますが、大手も着実に業容を広げています。その代表的な企業がキヤノン。

カメラやOA機器のイメージが強いですが、その歴史は古く、また東芝のヘルスケア事業と統合した過去があり、国内、世界でもリーディングポジションにいます。たとえば、CT(コンピュータ断層装置)では国内1位、世界でも3位です。

そのキヤノンが今の医療をどうみて、今後何をしていくのか。キャリアの全ての医療関連事業に注ぎ、現在はキヤノングループのメディカル事業を統括する瀧口専務と、医師でありヘルスケアテックベンチャーの経営者であり、元厚労省で政策立案にも関与する異色の人物、加藤浩晃氏と語り合っています。

キーワードは、「医師が医師としてやるべきことやる世界。医療にかからない世界」。少々乱暴な表現をしていますが、詳細は本文をご覧になっていただければ幸いです。
この連載について
株式会社三菱総合研究所(みつびしそうごうけんきゅうしょ)は、東京都千代田区永田町二丁目10番3号に本社を置く、日本のシンクタンク、システム開発会社でシステムインテグレーター(ユーザー系)。略称は、MRIまたは三菱総研。 ウィキペディア
時価総額
663 億円

業績

キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
4.14 兆円

業績