新着Pick

キャッシュフローに見るアマゾンの真の優位 | HBR.ORG翻訳マネジメント記事

アマゾンの業績鈍化や、それでも維持されている優位をめぐってはさまざまな要因が取沙汰される。HBRエディターのジャスティン・フォックスは同社の強みの源泉として、卓越した「キャッシュ・コンバージョン・サ…
435Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
すげえ。なるほどな。Amazonの強みの一つがこれなんだ。。
すごい面白い。記事の後半にあるがサプライヤーへの支払いサイクルがなんと96日もあるため、アマゾンのCCCがなんと▲30日とのこと。仮にすべてがカード払いですべてが1か月入金が遅れるとすると、仕入れて30日では売れているという計算。(最短ケース)
売り上げが伸びるほど、営業CFがじゃぶじゃぶでる構造を作りこんでいてすごい。
書店ごとにランク分けするうんぬんよりも、こっちのほうがよっぽど「優越的地位の濫用」に近い気がするけどあまり話題にならないのが不思議
それを分かりきって信じ続けているAmazonのグロース投資家の流れは日本にも持ってきたい。
現金商売的な資金の豊富さがあるという話??
日用品なんかを取り扱う小売業はまともに経営されてれば普通CCCはマイナスだけどね。この部分は調達コストのない、バフェットが言うところのフロートに相当します。このフロートを生み出す力がアマゾンの最大の強みであって、私がアマゾン株を保有している一番の理由です。純利益は財務会計上の便宜的な項目であって、どれだけキャッシュを稼げるかが企業評価においては重要です。ちなみに純利益が赤字でもフリーキャッシュフローがあれば配当は出せます。
Amazonの強烈なキャッシュフロー創出力についての良いまとめ。毎期とんでもない量のキャッシュを恒常的に生み出し、それ以上に積極的に投資している。最終損益が黒字か赤字かという一面だけでは測りきれないAmazonの足腰の強さ。
ウチもCCCだけならアマゾン級だわ(笑)
Cash is kingの好事例。
すげえ、こんなことしてる企業があったのすら知らなかった…
通常の流通が30日に対して、支払いを95日って、、、キャッシュフローを生む仕組みとしてはシンプルやけど、それをこの規模でやるのは凄い。上場しててもCF経営するのはある意味格好いいな。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
48.4 兆円

業績