新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
榎さんがいなくなってからもクレジット事業への進出とかデザインプロジェクトとか、ガンガンやっていたのだが、端末開発に関して妨害がどんどん入るようになった。
実はこの後、Androidの計画を最初にGoogleから聞かされた時、僕はこれだ、と思いました。それまでi モードはOSを統一してなかったのですが、iモードのOSを全部Androidにしよう、と思いました。それでGoogleのOpen Handset Alliance に最初のメンバーとして参加する契約に僕がドコモ代表としてサインしました。第二のJavaプロジェクトにできると確信してました。しかしこれは自分たちの主導するOSの採用にこだわる端末技術部隊に徹底的に反対され、その意義の分からない当時の経営陣の裁定で、別ラインの開発にさせられてしまったのです。

重い言葉…
『現役のプロジェクト・マネージャーに大切なことを最後にもう一度お伝えしたい。それは「その仕事に確信を持ちなさい」ということです。確信を持てない仕事はやめなさい。部下もかわいそうです。』
今日のドコモの決算と一緒に読むと時代の流れを感じる。この連載をきっかけに榎さんのようなイノベーターが大企業の中に少しでも現れる事を期待したいなと思いました。
人生で一つ自分はこれをやりきったというものがあるというのは本当に素晴らしいことだなと思う。
imodeチームにいた人達は、多分今でもこの時の経験に誇りを持っているんだろうな。
最後まで連載を読んできてこの言葉はとても重い。心に刺さりました。
>「その仕事に確信を持ちなさい」ということです。確信を持てない仕事はやめなさい。部下もかわいそうです。
確信を持ったうえで、部下が最大限、力が発揮できる環境を整え、最高の仕事をしてもらってください。そのときに絶対にハシゴを外すようなことをしてはダメです。プロジェクト・マネージャーは最後までぶれてはいけないのです。
「それは「その仕事に確信を持ちなさい」ということです。確信を持てない仕事はやめなさい。部下もかわいそうです。確信を持ったうえで、部下が最大限、力が発揮できる環境を整え、最高の仕事をしてもらってください。そのときに絶対にハシゴを外すようなことをしてはダメです。プロジェクト・マネージャーは最後までぶれてはいけないのです。」こころにしみる言葉だな。減益docomoをみるにつけ、事業は人しだいだなと思う。本寄稿のリアル出販を強く希望する。
面白かった!
プロジェクトマネージャーに大切なことは「その仕事に確信を持ちなさい」ということ。これは確かにその通りだなぁ。その業務を引っ張る人が迷いを感じると部下はそれを敏感に察知するもの。
いよいよこの連載も終わりが近づいてきましたね。
「誰も相談に来ない相談役です。」←こういうことを言える方がトップになれる大企業組織って作れないものか…と思ってしまいました。
いい連載だった。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
12.5 兆円

業績