今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
遠い昔のことですが、同量のコーンフレークなら大きな箱の方が売れるという話をビジネススクールで聞いたことがありますね・・・ 長閑だった時代のことですが、消費者の心理は微妙です。
下の数字は日米の生産コスト(米国は卸売物価、日本は企業物価)と消費者物価の最近の前年同月比の動きです。米国では生産コストの急上昇が消費者物価に容易に反映されますが、日本ではそれが難しいことが一目瞭然に分かります。長い経済停滞で賃金が上がらず、消費者が価格に敏感になっている故でしょう。企業が「ステルス値上げ」に頼らざるを得ないところになんだか寂しさを感じます。
いずれにしても、物価はじわじわ上がっています。成長しない日本は豊かになった国々が買い漁って値上がりする資源を買い負けて、消費量を減らさざるを得なくなって行く (*_*)
【米国】
20年12月 0.8%(1.3%)
21年 3月 4.1%(2.7%)
21年 6月 7.6%(5.3%)
21年 9月 8.8%(5.4%)
22年12月 9.8%(7.1%)
【日本】
20年12月 ▲2.1%(▲1.2%)
21年 3月 1.2%(▲0.4%)
21年 6月 5.2%(▲0.5%)
21年 9月 6.5%(0.2%)
22年12月 8.7%(0.8%)
そもそも「値上げします」と公然と発表する必要がどこにあるのかと思います。
ステルスもなにも、食料エネルギーの物価は2010年代前半から上昇が続いてますけどね。
値上げしたらいちいちブーブー言う消費者のせいでしょこれ。
業界によって知られざる実態はたくさんありますよね。100%ジュースの中にも一部の濃縮還元のように倍濃縮した果汁を糖液で希釈して100%果汁と表記するものもある。食品表示の原材料を見れば分かるとはいえ、それもまたある意味ステルス行為に近い。気づかなければいい。そういう消費者側の自己責任的な戦略は、発覚した時にお互い気持ち良くないから嫌ですね。必要な値上げはして、それ相応な品質を届けることに集中したい。
>日銀の金融緩和の目的は物価を引き上げることだったので、緩和が円安を通じて輸入原材料を押し上げるというのは日銀の目論見どおりです。日銀はさらに、円安にともなう原価の上昇が製品価格に転嫁されることを期待していました。ですが、そこは読みどおりにいきませんでした。

さりげなく日銀をディスってますが、日銀は金融緩和という形でやることをやっていて、むしろ財政出動をサボった政府や財務省を責めるべきところです、ココ。

景気を良くして需要を高めるディマンドプル(需要増による価格転化)ができる環境がないと無理ゲーです。
企業物価を消費者物価に転嫁できていない現状。値段を上げたくとも購買頻度が高くなる程に価格にはシビア。今年は容量減も売価増もまだまだ続く状況です。
何かが値上がりする時に極端にネガティブな報道がなされるので各社警戒してるんだろね。これもまたマスコミの問題なのかもね。
値上げだろうが、ステルス値上げだろうが、そうしないと給与は増えないんだけどね。原価が上がるならなおさら。

例えばシャンプーのメーカーに勤める人の給与が上がる。余裕のできたその人がお菓子を買う。お菓子メーカーは売上が上がり、そこに勤める人の給与が上がる…って感じで、経済全体が良くなってくるものじゃないのかな。

もちろん、そんな単純には行かないことがあるのも理解するけど。
価格が賃金になって反映されるといいのですが、それができないのは誰のせいなのかな?とかんじました。面白かった