• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米大統領「侵攻ならノルドストリーム2終焉」、独首相と会談

REUTERS
44
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 塩崎 悠輝
    badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    (ロシアがウクライナに侵攻したら)ノルドストリーム2を止める、というバイデン大統領の発言ですが、そもそも、ロシアとドイツの間の事業です。
     横にいたショルツ首相は、記者から具体策を聞かれて、「米国と共同歩調をとる」"we will do the same steps"とは答えましたが、それ以上の具体的な答えはなかったです。
     実際に止めるなら、新たな天然ガス供給の確保とか、違約金とか、詰めておかなければいけないことがたくさんあります。そこまで詰めることができているわけではないでしょう。

    Pres. Biden: "If Russia invades...then there will be no longer a Nord Stream 2. We will bring an end to it."

    Reporter: "But how will you do that, exactly, since...the project is in Germany's control?"

    Biden: "I promise you, we will be able to do that."

    http://abcn.ws/3B5SScx


  • 八田 浩輔
    badge
    毎日新聞 ニューヨーク支局専門記者

    ショルツ首相は米国と共同歩調を取ると明言しながらも「NS2を止める」とは言えない。米独というよりも独連立3党の温度差が焦点


  • 松本 明日香
    badge
    東北大学大学院 国際文化研究科 国際政治経済論講座 専任講師 米政治外交研究者

    IS対策では白星でしたが、アフガン撤退で大黒星のバイデン外交、ウクライナ侵攻への対応に躍起になっています。ロシアは本気で侵攻準備をしているけれど、米国は経済制裁くらいしか対抗する意思を示せておらず、前回の2008年北京オリンピック時にジョージア侵攻が「成功」、2014年のソチ冬季五輪時にウクライナ南部クリミア半島も併合したように結局.....と静観していましたが、ここのところバイデン大統領が切り札をちらつかせていますね。

    国際送金SWIFT停止とガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」稼働停止(未稼動ですが)。切り札が切れるのか、切っても効くのか、という問題が残りそうです。

    ロシアからガスを供給される側のドイツは稼動停止にやや難しい反応ですし、米国産シェールガスに自らストップかけているバイデン政権.....ここでガス価格が上がるとさらに資源大国ロシアに有利になる側面もありそうです。またロシアとしては売り先として中露間のガスパイプラインも当然あるわけですね。

    SWIFT停止に関しては、バイデン大統領が言及するだけでロシア国債が落ち込むほど重要ですが、仮想通貨などでの代替も部分的にはあり得ます。国連制裁下でも中朝協力はされていますし、いわんや常任理事国ロシア。また既にロシアはトランプ政権期の議会中心に米国から度重なる経済制裁を受けてきており、さらに最近中露で会談していたように対抗する体制を強化しています。厳しい情勢は続きそうです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか