新着Pick
683Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一つ一つの動画をNFT化して権利譲渡することで、YouTubeとしては、動画から生まれる収益を長い期間をかけてバラバラと取り次いで支払うのでなく、クリエイターにアップフロントでの現金の支払いをすることができるようになるかもしれません。いわば、将来キャッシュフローを現在価値に引き直して、現金化する仕掛けです。投資する側からすると、この動画は価値が上がりそうだ、とかいまいちかもしれない、と考えながら観る楽しみも出るし、クリエイター側からしても、視聴者の新しい切り口での反応(これから多くの人が見るようになるか?という予想)を感じる楽しみもあり、それは動画の制作に生かされるはずです。またNFTを活用して早い段階でキャッシュを手にすることでその後の動画のレベルアップのための設備購入を早く行うことも可能になる(資金調達の選択肢)。加えて、YouTubeの企業としてのバランスシートを評価するサポートの宅割も期待できる。
一種の動画の金融商品化ですが、ちょっと考えただけでも面白い展開につながる可能性がごろごろしているように感じます。
YouTubeもNFT機能検討中。各プラットフォームがWeb3への対応を発表してきますね。Web2.0の企業も対応が早い。これから市場がもっと活発になってきそうです。
ガンガン広がってますね。個人的にはNFTとメタバースには草の根的な時間が足りないように思えます。
過去、多くのテクノロジーはいわば「オタク」が突き詰めて進化させ、イノベーションをともなって世間に広がり、それから企業が参入してきました。

NFTとメタバースはかなり早い段階、オタクたちが独自の文化や技術を発展させる前に大企業が入ってきているので、なんだか面白くない空間になりそう。
最近次々とNFTビジネスを始める会社も急増しているイメージですが、日本も含め、ちゃんとした法律がまだ整っていない状況でNFT市場がいきなり拡大しそうで少し心配です。NFTはクリエイターを守れるという意義もあるかと思いますので、ここまでグローバル企業がどんどんNFTを導入していくのであれば法律などもどんどん作っていかなければならないのではないかと思います。
技術的なことはよく分からないのですが、Youtubeで横行している「切り抜き」からの収益が、オリジナルの制作者や出演者に還元されるようになるということかと。

クリエーター側にとっては非常に良いことですが、キュレーター側の活動を制限し過ぎない程度に普及するといいですね。
どんな形で参入するのかは注目ですね
動画自体の販売なのか、はたまた動画以外のコンテンツ販売まで見据えているのか

既にEコマースサイトの埋め込みによるクリエイターの収益化支援は実装されていますし、動画に紐づけてコンテンツ販売ができるようになるような方向性も有り得そうですね
FAMGAレベルがNFTや暗号資産と言い始めると、政府がどう出てくるかは一丁目一番地のリスクとして気にせずにはいられない。
あれだけ盛り上がったFacebook / Metaのリブラ(その後ディエムに改称)はほぼ消えた。

メタ主導の「ディエム」が買い手求める、計画頓挫で-関係者
https://newspicks.com/news/6618417
YouTubeもNFT提供を検討!スーザン・ウォジスキCEOが25日、2020年の優先事項をブログで明らかに。インスタも検討中だったり、ますます一般に広がってきそう!!大きなー!
期待通り。むしろ遅れてます、Youtubeが。NFT検討が当たり前ですし、逆に検討しないと乗り遅れちゃうからね。避けられない未来への対応感があります。むりやりやるのではなくてもうちょっと最先端で、パイオニアでいてほしい。Youtubeなんだから。
Youtubeのスーザン・ウォジスキCEOがクリエイター向けの年次レターでNFT機能の提供を検討中であることを明らかにしました。

スーザン・ウォジスキCEOからの年次レター
https://blog.youtube/inside-youtube/letter-susan-our-2022-priorities/
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
60.0 兆円

業績