新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米軍8500をはじめ、NATO軍4万が、ウクライナとベラルーシの国境に張りつくための移動の準備に入りました。
その中には、リトアニアに配備されるデンマーク空軍、
ルーマニアに配備されるフランス軍、
ブルガリアに配備されるオランダ空軍、
黒海に展開するスペイン海軍、
なども含まれます。
 今回動員されるNATO軍の中でも、特に大きな割合を占めるのは、米軍、次いで英軍です。
 ただ、ロシア軍の準備もすでに完了に近いので、NATO軍の配備がロシアの侵攻より前に完了するかはわかりません。
 そもそも、NATO軍は、ウクライナ国内には基本的には配備されず、隣接国に張りついてロシアにプレッシャーをかけるだけなので、ロシア軍を止める力になるのかもわかりません。
マクロン仏大統領は、24日(月)、「エスカレーション解除の道をロシアのウラジーミル・プーチン大統領に提案する」とした上で、フランス、ドイツ、ロシア、ウクライナは26日(水)にパリでこの問題についての会合を開くと述べている。
ロシアに対する圧力というよりは、ロシアが東欧諸国に与えている不安を解消するための防衛的な措置。NATOが東欧に増派したとしても、ロシアのウクライナ侵攻を抑止する力にはならないだろう。
ロシアがウクライナ国境に兵力を展開していることをうけ、NATOが東欧に増派を。日本外務省はウクライナの在留邦人に対し、出国を呼び掛けています。
【国際】ロシアがウクライナへの関与を強める背景には、ウクライナがNATO加盟国ではないことにある。北大西洋条約第5条の規定では、加盟国が共同防衛義務を負うのはあくまで他の加盟国が武力攻撃を受けた場合であって、現時点でウクライナがNATOの非加盟国である以上、「ウクライナのみへの武力攻撃」であれば、北大西洋条約に基づくNATOの軍事行動は正当性と正統性を欠くものなる。

ただ、ウクライナはロシア連邦を構成する国家ではなく、あくまで独立した主権国家であり、国連加盟国である以上、国連憲章の適用を受ける。ロシアが武力行使を行えば、当然国連憲章第51条違反となり厳しい制裁の対象となるはずである。ただし、ロシアは拒否権を有する常任理事国でもあるから、国連憲章違反が提起されたとしても拒否権を行使することは目に見えている。

プーチンの狙いとしては、武力行使をちらつかせつつウクライナからアメリカをはじめとする西側諸国の影響力を排し、ウクライナを再びロシアの影響下に組み入れて、ロシアの安全保障を確保したいということだろう。

NATO加盟国の中にはドイツのようにエネルギーをロシアに依存している国もあるわけで、今後はエネルギー分野も駆使してロシアはヨーロッパに対して圧力を強めてゆくはず。

目下の課題は、偶発的衝突から戦端が開かれないように管理することかな?米露両首脳がバーバラ・タックマンの『八月の砲声』を読んでると良いのだが…。
経済的には、米中対立。それに加えて、欧、米とロシアの軍事的対立。

新型コロナウィルスのパンデミックから、人類は何も学んでいないのか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
英国がこの一週間で2000以上の対戦車ミサイルをウクライナに提供したことを受けてウクライナのツイッターで God save the Queen がトレンド入り。
本当に涙が出るくらいありがたい。これは本物の味方だ、一生忘れない
https://twitter.com/nippon_ukuraina/status/1485465247024840706

ドイツはクズ

#ウクライナ頑張れ
https://twitter.com/search?q=%23%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E9%A0%91%E5%BC%B5%E3%82%8C&src=trend_click&vertical=trends