新着Pick
607Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
真っ当至極。ド正論。
担当したインタビューの後編です。内定している友人や、社会人の知り合いなどで"リクルートっぽい"と言われる人たちば、バックグラウンドが違っても皆どこか似ています。出木場さんはその人たちの特徴をギュッと濃縮したようなイメージ。
海外の会社を買って現地の従業員と働くといったグローバルな舞台でもそういうメンタリティーは継承され、通用するのか。今後にも注目です。
大組織にもっと「バカ」が増えるといいですね。
「私心のない熱い熱意」は、大きな会社をも動かす。
最初の小見出し「サボりながら、どう売上げを上げるか」で既に共感してしまった。
下記の言葉は本当に重い。一人一人が経営者として仕事に取り組む、といった言葉があるが、確かに事業が上手く行ってなかったり資金繰りが上手く行っていないときに、大体の経営者であればグチっているのではなく、どんな手段でも取りに行こうとするだろう。
同じ機会でも捉え方で自分自身の行動を変えることができる。リクルートの旧社訓大好きだが、まさにその精神が表れている気がする。
『部下に対してアドバイスとしてよく言うのが、『お前自分でスタートアップの会社始めてもそうやるのか?』です。』
バカになれる事業や仕事を見つけている人は魅力的。
「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
とてもいい言葉。やらせれる仕事から、自らやりたい仕事をやる。に変われるかどうかはとても重要だと思う。そのためには、泥臭くやっていかにといけない。あとは、お金とかじゃなく、会社や社会を良くしたいと思えるレベルになるまで出来るかが次のステップだと思う。そこまで行けば、仕事って面白くて仕方ないと思う。
社会経験が薄いためなんとも言えないが、理想はこうありたいと思いますね。
「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」他人や環境のせいばかりにして言い訳しているうちは成長はない。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、人材派遣、販促メディア、人材メディアなどのサービスを手掛ける企業である。 ウィキペディア
時価総額
4.54 兆円

業績