新着Pick
380Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
風間さんの「技術は頭の中にある」という考え方は、誰もが成長できるという点で救いになりますね。同時に、誰もが妥協を許されないという意味もある。この考え方が、川崎フロンターレのおもしろいサッカーの根底にあるのだな、と。中竹さんがラグビー日本代表のエディーさんの例を出し、二人の会話がシンクロした瞬間を見られたのはライター冥利に尽きました。
ブラジル代表は、1番うまい「ネイマール」のためにある。
「やらされるなら、辞めろ」という、仕事と同じ。
「技術は頭の中にある」。つまり発想次第で、いくらでも技術を伸ばせるということ。「そんな正確に止めるのはムリ」と思ったら、その時点で限界。先入観にとらわれず、どんどんおもしろい発想をしようぜ、という風間さん語録。
個人の力をチームに昇華することが必要な場合に、共通しそうな良記事。以下、自分の学び(解釈)。
・楽しい状態で一番上を伸ばせば、2番目・3番目がついてくる。
・基礎だからこそこだわるべき点がある(例:アーリーキャッチ)。
・自発的にやったほうが上手く行く。
『「『やらなければいけない』」なんてことは必要なく、『やるべきことをいつも持って来い』」って言います。要するに自分が勝つためにやるべきことは、自分で決めるということ。そうしないと勝てないし。』
そらそうだ
基礎を徹底的にやって、「技術は頭の中にある」「1番うまい人を伸ばすチーム作り」。昨日のブラジルがまさにその通りのチームな気がした。ドゥンガは規律を重んじる監督ですが、基本に忠実で、攻撃では各自の発想を大切にし、ネイマールが活きるチームを作っていると思う。
いい得て妙。
宝塚歌劇をみれば、劇団員はすべてトップスターを引き立てるためいるようなものだということがわかります。
ものすごい面白い。ただ、これで本当に成功できるのか、答えがわからないからマネジメントは難しい。