363Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
難しい裁判。
女性は、「自らの子の父親となるべき男性を選択する自己決定権が侵害された」と訴えているようだが、そもそもそのような自己決定権が法律の保護に値するのかどうかも甚だ怪しい。

法的な観点で簡単に「精子提供のあるべき論」を整理してみます。
①夫の同意を要件とすべき
→日本では2020年12月、「夫の同意のもと、第三者の精子を使った生殖補助医療で妻が妊娠・出産した場合、夫はその子どもの父親であることを否認できない」と定めた民法の特例法が成立しました。つまり、精子提供で生まれた子どもは、原則として、婚姻関係にある父親の子どもであるルールが明確になっています。したがって、生まれてくる子供を夫婦が育てていくためにも、精子提供を受ける際には事前に夫の同意があることを要件とすべきです、

②子の「出自を知る権利」を保護すべく精子提供者の情報は第三者機関による認証や本人確認等を経るべき
→国際的に問われ始めている「出自を知る権利」を保護するため、精子提供者の情報は精子バンク等の第三者機関によって正確な本人確認をもって認証させ、かつ長期間保存させるべきです(子がいつでも権利行使できるよう)。

③精子提供者の感染症検査を定期的に実施
→海外の精子バンクはすでに実施していますが、精子提供者がHIVや肝炎に罹患していないよう、感染症検査を定期的に行うべきです。

④精子提供者の要配慮個人情報による精子の選択はできないようにすべき
→人種やIQ、前科前歴など、精子提供者の個人情報は②③の段階で第三者機関が多数保有することになります。しかし、それは将来的な子の「出自を知る権利」の対象になるとともに、最低限の健康状態が担保されることを保証するためだけであり、生命を選別するためにあるわけではありません。したがって、受領者側がこれらを選択することはできないようにすべきです。

子どもが欲しくても作れない方々、あるいはLGBTQのパートナー同士で子どもを欲する方々に、愛すべき子を産み育てることができるような社会とすべきことは事実です。しかし、それは生まれてくる子どもの人権までをも配慮した適切な環境整備を前提としたものであって、その構築を急がねばなりません。
是非こういう記事にコメントする際には、そのバックグラウンドや当事者の気持ちを考えて頂きたいものです。
無論、経歴詐称などは問題ですが、女性側は制度・現実で多数の苦悩を抱えています。

現在、非配偶者間の精子提供については、AID(非配偶者間人工授精)という形で不妊治療として行われる事はありますが、それにより出生した子の出自を知る権利の裁判以降、大きく減少傾向にあり、大学病院でも新規受付を停止しています。
つまり、夫の精子での妊娠が難しい人など、諸々の原因で夫婦間のみで子供を得られない人が子供を得る手段は、特別養子縁組以外にないのです。

この件では夫の難病(遺伝性かは不明ですが)があり、現在AIDを行えないとなると、子供を得る手段は限られるのが実情です。
ただそこに、学歴や容姿をどうしても求めたくなる方も多く、今回のようなトラブルにつながることが考えられます。
妊娠後に現実を知った女性の感情も難しく、それを隠して養育し、虐待などにつながりかねないリスクを考えれば、児童福祉施設に預けたことも、一概に悪とはいえません。

また法規制も難しいところです。明らかに「精子提供」を謳う場合には規制されて然るべきですが、実際に行為が行われたとして、それが同意の上の性交渉なのか、精子提供目的なのかは究極的にはグレーで、この様な形態を取り締まるのは難しい(法規制を敷いたところで、闇で増える可能性が高い)という問題点もあります。
日本では技術に対し法規制が遅れがちな事は往々にしてあり、この件について、早急な取り組みが望まれます。
すでに指摘されている点に加えて、『性交による精子提供』というのが普通ではないです。

AID(非配偶者間人工授精)というのは、『人工授精』とある通り、採精した精子だけを第三者から提供してもらい、子宮内に注入する、という方法です。
人工授精はパートナーとの間でも不妊治療の一環として行うことがありますが、性交を伴わない妊娠方法です。

なんらかの理由で夫の精子で妊娠が難しい場合に、第三者と性交渉する必要があるわけではないのです。
性交渉を求めた時点で、この精子提供者に疑念をもつことができたのでは、、と心が痛みます。

精子提供に限らず、パートナーとの関係においても経歴を詐称されることはあるでしょうし、なかなか難しい問題とは思いますが、
子どもには全くもって罪がないので、産まれてくる子が不利益を被ることはあってほしくないです。
臓器移植の場合ではドナーが誰であるかは例外なく秘密事項だと思います。しかしながら、精子のドナー提供では個人的な事項が明かされた上でそれ自体価値をもって取引されている事例があることに驚きます。

法規制がないから、これが野放しになっている結果このような問題に発展するのだと思いますし、遺伝的な病気の認識の必要性なども含めて、ここに基準を設けること(医学および生命倫理の枠組みによる規制)は必要だと思います。

一般に精子の品質が重要とするような話は、遺伝子とヒトの質を紐づけることになってしまいますので、憲法との齟齬からそのような話はそもそもおかしいとして判断されると思います。

それがクリアされたとしても、「親の学歴」の如何によって子供の優劣に関係するといった主張は現実的に誤っていますし、仮に詐称が明かになったとしても「養育は別問題」なので母親に養育能力がある場合には、それを免れることはできないのではないでしょうか。

男性が認知を受け入れない場合、精子提供者に対して認知を求める「認知の訴え」はできるのでしょうが、もともと男性は単なる精子の提供のみに同意し、女性もそれを同意していることについては事実でしょうから、争った場合、女性の主張が認められるかについても難しい問題と思います。臓器移植でドナー(臓器提供者)がレシピエント(臓器を移植される人)が受けた臓器の品質に責任をもつということはあり得ませんので。

このようなケースに想定される注意喚起はされるべきでしょう。
えっ🤯→女性と男性どちらも理解出来ません

子供は犠牲者です、可哀想。

絶句……

追記
ただただ絶句しましたが、実際にトラブルが起こっているならば、足立さんの冷静なコメントの通り、法整備が必要ですね。
道徳観の問題にしてしまったら、犠牲になる子供のことは解決出来ません。
まさかこのニュースで私が呼ばれるとは。
>伊藤富朗さん

「京大卒」は、外れ値が多いのでそもそも信用に値するブランドではないと思います。だから私は「京大卒」を自分から名乗る奴は信用しません。

百万遍のおすすめスポットを聞けば京大卒か否かはだいたいわかりますよね。

私の場合は、魚の形をした醤油入れ(ランチャーム)に精子入れて頂戴と言われたことと、もう1人は認知する条件で子供作りたいと言われたことがありますが、、、、。
何が正しいのか僕には分からないが、ひとつ明らかなことがある。本件の一番の被害者は、この子だということ。

> 身ごもった子は出産したが、都内の児童福祉施設に預けているという。

もしかしたら、この子は「普通の家庭」に恵まれずに育つかもしれない。でもどうかこの子には幸せになってほしい。
全国初の訴訟かもしれませんね。

確かに身元を偽った男性も悪いですが、原告にも相当の落ち度があります。

SNSで知り合っただけなので、しっかり身元確認する必要があります。
昨今では、結婚相談所でも卒業証書や証明書、戸籍謄本の提出を義務付けているようです。

命を授かるのであれば、この程度の注意義務を果たすべきでしょう。

気の毒なのは生まれた子供です。
どうして児童養護施設に預けたのでしょうか?
母親の子供であることは間違いないのに…。

(とんふぃさん)
本件の訴訟物は不法行為に基づく損害賠償請求で、精神的損害(慰謝料)の賠償請求でしょう。
ご指摘のように「法的保護に値する権利」という点では、有名な枕営業の相手女性に対する妻からの慰謝料請求が棄却された事件があります。

不法行為の場合弁護士費用を加算して請求できますので、損害額3億+弁護士費用3000万円といことなのでしょう。

おそらく相手方はさほど資力がないでしょうし請求が認容されても億単位の賠償額は見込めないと思います。
同業者として、着手金をいくらもらったから気になりますね😅
ただの不倫としか思えないんだけど。旦那と別れてこの京大卒独身(嘘だけど)と結婚しようとしてたのでは?途中の経緯はともかく、自分が産んだ子どもを放棄している点でまったく共感できない。一体何が欲しかったんだ?
なんかもう怒りすら湧いてくる…

あとこれって、目的が快楽か妊娠かの違いで、やってることは売春/買春ではないのか?