新着Pick
314Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
だからこそ、夕張市のような自然的取り組みが重要になってくると切に思う。
『病院がなくなっても幸せに暮らせる!夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ』
http://logmi.jp/19478
医者が必要ない部分をどんどん増やしていくべきだよね
在米の日本人医師らが情報発信しているサイトがあります。ぶろぐではなぜ彼らがアメリカにいるのかといった点も論じられてます。http://ameilog.com/authors
医師の負担を減らすには教育よりルーティンワークの自動化が効くと思う。ITや技術に明るい医師の教育が必要でしょう
皆保険制度のフリーアクセスにより、日本の医師は専門外の診療も含めて幅広く対応が求められる。そのため専門に特化して技能を集中的に磨く環境が不足しがちと聞きます。

今の医療体制は、最小限の医師が総合医的な働き方でなんとか日々回しているような状況なので、医師の専門分化をアメリカのようにもっと先鋭的に推し進めるとしたら、今の数倍の医師数が必要とも。
TPPによって、医療資格はどう変わりうるのかを知りたいところです。
メディカルツーリズムについてはシンガポールやタイが先行している印象。ベンチマークすべきは医療崩壊しているアメリカではなく、そっちだったりしないのかな?
衝撃なのかどうか分からないが、日本の医療水準が更に低下する可能性があるのはそうでしょうね。制度の問題もあるのだろうが、デフレを放置してきたことがが、医療水準の低下と日本人の不健康にじわじわ効いているよね。
楽しみな連載です。前回は日本の医療は上手くいっていると感想を書いた一人です。地方の公立病院を経営した経験からわかることは、患者が医療従事者の苦労をあまり考えておらず、医師が疲弊していることは理解しています。そのしっぺ返しが来るということなのでしょうか。
メディカルツーリズム(患者の国際間移動)は私の専門でもありますから知っていましたが、フィジシャンマイグレーション(医師の国際間移動)という言葉は初めて知りました。タイのように医師が引き抜かれて日本の田舎にはいかなくなる時代が来るのでしょうか。
日本の医療て一部緊急外来除き点数制だから、個々の技術向上インセンティブ弱いよね。
あと小児科医の数が少なすぎる