• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?

MITテクノロジーレビュー
544
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 九州大学 教授・人間環境学研究院人間共生システム兼統合新領域学府ユーザー感性スタディーズ専攻

    日本での性暴力加害被疑者の統計を女性犯罪研究会編2014『性犯罪・被害』などで参照すると、明らかな傾向として、「おとなしそう」「届け出ない」「1人で歩いている」などの相対的な弱者が、屋外だと「路上」や「オープンスペース」で性犯罪の対象にされています。
    サイバー空間だと、加害者が匿名的になり得、匿名空間では対面であれば露見しない言葉や行為が過激化する、というのも、イジメの研究等からよく知られている事です。
    実際に身体に触れられた訳ではなくても、意にそぐわす、合意のない行為は主体のパーソナルスペースのコントローラビリティを侵害するものとして今後もその境界が問題化されるでしょう。またその場を提供する会社には安全配慮義務が問われてゆくことでしょう。
    (性)暴力の被害者になり易いのは明らかに女性と児童*なので、逆に女性と児童の笑顔がその社会の健やかさの指標になると考えると良いと思います。
    *D.フィンケルホー2010『子ども被害者学のすすめ』岩波書店


  • badge
    株式会社モンドリアン メタバースエバンジェリスト

    痴漢や荒らしの対策として、運営側がすべての行動ログを記録する、というものがあります。メタバース上での行いは申告されても証拠がないと断罪しにくいですからね。なのでログさえ取っていれば安心、が、一方でそのログは別用途にも利用できる人間の行動を記録した巨大なデータ群でもある。世界的にインターネット上でのプライバシーを保護する方向で叩かれているFacebookが、さらにここに煙を立てる可能性もあるなと思います。


  • 学生 世界史好き

アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか