新着Pick
399Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「勝てない理由は戦略だ」というのは、当時の問題意識。そこを実際に学んで、その後現業に戻られて、どういう風に感じたのかというところが次回以降とても知りたい部分。自分はMBA持っていないが、MBA万能主義(MBA流~みたいな)も違うと思う一方、理論的に何かを学び同じような目的意識がある人たちと集中的に学ぶ場というのは、一定効果があるものだとは思っている。
何故、こんなに否定的なコメントが多いのか理解に苦しむ。素人なのか、逆に天才なのか。Sonyに反応しているだけ?

MBAで習うフレームワークがあれば絶対勝てるとは思わない。
ただ、考え方の引き出しをたくさん持つことは非常に大事。
独学だけはできない、シャドーボクシングを高速でできるし、自分と違う感性を持つ消費者へ想像をめぐらせる良いとっかかりになる。
まあ、社長次第だと思うんだけど
戦略で解決するなら、MBA保有者を雇えばいいと思いますが
単純にターゲットの重要な購買意思決定要因がデザインだったというだけの話では...MBAも戦略もブルーオーシャンも関係ないレベルの話と思う...
今後ソニーを背負う人たちは、本当にこの記事通りに思っているのだろうか。だとしたら相当にまずい。

(追記)自分もMBAを取ることのメリットは否定しません。学ぶこと以外に、自社の世界では会えない意欲の高い仲間と会える。でも、ビジネススクールで学ぶことは過去の歴史の振り返りであるし、思考の体系化を自身に取り込む手段であって、ビジネスの答えはそこにはない。

特にソニーのようなグローバルで多領域で先進的なアウトプットを期待されている大企業で働く方にとっては、MBAで学ぶことより、社内や競合、取引先などの自分たちの周辺だけでも十分に答えの糸口は見つかると思うのです。
コメント欄すごいなぁ。SONYに対する愛からなのか、全体的に酷評されてる。具体的にどうすべきか読んでみたいなぁ。
第一回、もう少し突っ込んだ内容にして欲しかった気がする。
本連載の執筆を担当しております、佐藤留美です。ユーザーの皆様のご意見、大変に参考になります。今後、原稿を書く上で是非、参考にさせて頂きたいと思います。引き続きどうぞ、よろしくお願い致します。
業績が悪い会社は、結果を出さない限り、何を言っても辛辣な批判を受ける。それでも敢えて露出し、「グローバルタレント」というこれまたいかにも「勝てば官軍」的なテーマに乗っかるのは、勇気がいると思う。

業績