• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

新型コロナ「オミクロン株」 感染しても重症化しにくいって本当?現時点で分かっていること(忽那賢志) - 個人

Yahoo!ニュース
4
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 温厚で思考好きな人

    著者の信頼度が高いと思っていますが、それでもオミクロン株の震源地という扱いをされている南アフリカのその後に注目が集まっていないことを残念に思います。

    というのは既にデルタが流行しているUKで遺伝子検査まで必要なオミクロンがどれだのスピードで広がっているのかを推定するのは難易度が高いはずです。また南アフリカでも収束していた時から『変異株が出たヤバイぞ!』ってなった時の検査体制の変化などを考えると同国でも初期段階の新規感染者数は参考にはなるが精度は正直あまりあてにならない。

    検査体制が安定し日々の感染者数のムラがなくなってきた直近の1週間〜2週間がもっとも感染力を推定する上で参考になると僕は考えていますが、そのデータをフォローしている人がホントに少ない・・・。ネットで流れているのは『倍化日数が3倍になった』とか感染力の強さを示す"古い"データばかりで、直近のデータでは1週間で約2倍かそれ以下ですよ。
    https://newspicks.com/news/6448382?ref=user_3372374

    また僕は感染力自体は強いと思うものの、そのタイプについても専門家が考察すべきだと思う。今までの抗体を回避することで流行しやすいのか、本来の感染力が強くなったことで感染力が強くなっているのでは違うと考えています。僕のは素人のもので出来れば議論したい荒いものではあるがこちら。
    https://newspicks.com/news/6427818?ref=pickstream_3372374


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか