新着Pick
623Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業内容と事業戦略が明確であり、それを的確に表現仕切れるところが、素晴らしいです。提供価値・ターゲット・仮説の確からしさ・マーケット規模・スケール戦略etc、これらをエレベーターピッチのように短い時間で表現し、伝えきれるかどうかが、その事業の成功確率そのものと言い換えることもできる気がします。

3年程前に小川さんとお話しさせて頂いた際、CEOという立場として周囲に弱みは見せないと、毅然とした態度で話されていたのを覚えています。その矜恃がこの記事での対応、タイミーの成功にも繋がっているように感じます。
本日のスタートアップインサイトは、最近話題のタイミーです。海外から資金調達をしたかと思えば、DeNAの守安氏をCOOに迎え、堅実な成長を歩んでいるスタートアップです。

インタビューの中で印象的だったのが、顕在労働力と潜在労働力の話。人手不足が叫ばれていますが、潜在的な労働力を掘り起こせば、需給ギャップを縮小できると小川社長は言います。

しかし、ただ「働こう」と呼びかけるだけでは、暇な時間を労働に充てる人はほとんどいないでしょう。では、いかに働きたいと思ってもらう仕組みを作るか。そこにタイミーというサービスの本質が隠されています。ぜひご一読ください。
勢いあるタイミーさん。
好きな時間に好きな場所で働け、当日にも振込してもらえると言う、シンプルに自由な働き方を実現できる。さらにはソフトなスキル「元気」や「笑顔」なども可視化され評価され、革命的要素が多いと感じています。
次世代の働き方インフラとなり得る中、さらに本質的なビジョンー働きがいの向上や個々人のキャリアへの貢献など、どうなされるか興味深いです。

欧州はまた違う環境ですが、Job&Talentは内部告発ポリシーや労働搾取に対する配慮、福利厚生なども意識され始めていますね。タイミーさんの展開も楽しみです。
ゲームのように可処分時間に開くコンテンツとしてポジションするというのは面白いですね。労働の対価を金銭だけでなく自己実現を楽しく手に入れるという発想。ベビーシッター派遣のキッズラインも、シッターの評価が一目で見られたり、詳細のレビューが見られることで、働いている本人も誇らしいし、雇う家庭側としても安心できる。ここの情緒的な価値に輪郭をもってアプローチができるようになってくれば、TikTokやモンストのようなソーシャルグラフを下敷にしたブレイクスルー的成長が見られそうで楽しみです。
小川さん本当に同世代か?といつも思っています、すごすぎる。

気になったのは、「潜在的労働力」を掘り起こすためにスーパーマーケットや物流業界でよいのかな?ということです(今はコロナ対応で需要の高まった業界、ということでしょうが…)。「潜在的労働力」の喚起には「何この仕事、おもしろそう!」って言うのが必要と思います。
タイミーも小川さんも日本社会にとってのライジングスターですよね!!

自分と同世代の小川さんが、こうして活躍されてるのを拝見して自分も頑張らねばなと勝手に刺激を受けてます!!(恐縮です)

イタリアに留学している僕の素朴な疑問としては、タイミーがこれからどのように海外で横展開されるのか?という事です。

イタリアだと、パートタイムでも正社員として採用するというルールがあります。なので、日本でのタイミーの事業モデルをイタリアに適用する事は不可能だと思われます。

恐らくタイミーの方々も、海外展開を視野に入れてらっしゃると思いますし、それに向けて作戦を練られていると思います。

これからタイミーがどんな事業をどこの国で展開されるのか目が離せません!!

応援してます!!!!
53億円の資金調達をした際、八木CFOとリード投資家のKeyrock Capital Managementに取材したのですが、八木CFOの投資家とのコミュニケーションの取り方がすごくて驚きました。

・海外機関投資家3社ともが日本の未上場企業初投資(5-10年の時間軸で投資)
・コロナで事業ポートフォリオがようやく立て直せたが数字がない中でコミュニケーション
・調達前は毎月証券会社のカンファレンスに参加して機関投資家にアプローチ(未上場企業が参加することは珍しい)
・一度出資してくれる投資家のプールを作って、投資家間での競争を生み出す

タイミー、資金調達の裏側。海外機関投資家の景色
https://initial.inc/articles/briefing42
潜在的な労働意欲を顕在化させるアプリ開発。おもしろそうです。AlipayやWeChat Payのようなスーパーアプリなのでしょうか、それともゲームに近いものなのでしょうか。

労働不足を解消するソリューションは高齢化が進む日本にとって欠かせないアイテムです。
最近お会いしたスタートアップから「弊社は業界特化型のタイミーです!」というピッチを受けました。〇〇版メルカリや××版ラクスルと同じ文脈で使われていて勢いを感じます。
外食でも一気に需要が戻った事を感じます。そして受け入れ体制の差も大きく、仕事を細分化して習熟しやすい環境の企業の方が全体的な生産性も高まりやすいなと。