新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネガティブ思考に入り込んだ時は、ポジティブ思考の人の近くにいてその振る舞いや発言に触れるとプラスの影響、(ネガティブに考えても仕方ないのだなと)を与えてくれることもあります。また睡眠や瞑想に入り、気持ちを落ちつかせ外から見た自分のような第三者的な視点から、なぜネガティブに思うのかと分析できるとよいのですけどね。
瞑想していると、ヨガの中では自分が今日ただただ動けたことに感謝するという自分を労る時間があります。ネガティブ思考に入った時には、とにかく労ってあげることも効果的です。私はこの自分を労るタイミングで、頭をポジティブに考えることができます。
いいもん(善玉)わるもん(悪玉)は立場で変わる。

それぞれに正義がありますからね。同じように、ネガティブなことも別の見方をすればポジティブになる。

こんなネガティブなことも、ポジティブに考えられる自分ってスゴい!って思えるようになれば、人生が面白くなりますね。
ネガをポジに上書きするっていうけど、そんなことができかるのはポジ人間です。ネガ人間はネガなことしか考えられないので、無理にポジ思考する必要はなく、自分の最初のネガ思考をネガりまくればいい(否定またはその矛盾をつく)。ネガの否定は客観的にはポジになる。それだけです。
まあ、自分のネガをネガらないで他人をネガりまくって悦に入ることをやってる人が多いが。
私は意外とポジティブ思考だな・・・と思うのですが、それでもネガティブな時もあります。そんな時、実践しているのは
好きな場所を歩きながら、ありえない楽しいことを想像する! それだけでスッキリとします。自分で「スッキリ」することを持っていることが大事なのかもしれません。
ネガティブ感情をそのまま放置したり、深みにハマってしまっていいことはありません。ぜひポジティブ転換、実践していきたい
#キャリアコンサルタント