新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まだ軌道投入ロケットすら実用化してないブルーオリジンがこれだけの予算を獲得できるアメリカの仕組みって素敵。
無人輸送機、有人輸送船に続き、宇宙ステーションも民間企業にアウトソースするNASA。事実上、低軌道からは手を引き、民間企業の事業を支援し、規制する立場になった。新しい宇宙開発の時代に突入したと感じさせる流れ。
NASAがBlue Originを排除してSpaceXと月面有人着陸システム(HLS, Human Landing Systems)プログラムを契約したことに対して,Blue Originが訴訟を起こし,それで数か月間,プログラムが止まっていました.本プログラムの意思決定の片隅にそれも影響したかもしれない.Blue Originは月計画では敗れたが,晴れて1億3000万ドルの資金をNASAから得ることができた.
Blue Originはまだ軌道投入に至るロケットを持っていない.しかし,本プログラムはボーイングとも連携しているとのことで,来年には打ち上がるだろうボーイングの国際宇宙ステーションへの有人宇宙船Starlinerがその役割を果たす(コンセプトの一部となる)ということでしょう.
それぞれ、特徴のある企業なので、上手に補完関係と、相乗効果を発揮できるとよいですね。

(以下、記事中から引用)
米航空宇宙局(NASA)は2日、民間が運営する商業宇宙ステーションの開発企業に、ジェフ・ベゾス氏のブルー・オリジン、防衛・宇宙大手ノースロップ・グラマン、新興ナノラックスの3社を選定した。契約規模は4億1560万ドルに上る。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
民間が経済活動するのに政府の許可が必要.....?
(というよりは技術支援があるのか)