• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

FRB、テーパリング加速検討すべき 次回会合で=パウエル議長

137
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    野村総合研究所 金融デジタルビジネスリサーチ部 シニア研究員

    先日公表された11月FOMCの議事要旨によって、テーパリングの加速に関する議論が行われたこと自体は既に明らかになっていましたが、パウエル議長自身がこれを支持する考えを持っていることが確認された点は新たな情報であり、蓋然性が一気に上昇した訳です。

    一方で、「一時的」という表現を止めることの趣旨は、インフレ率の上昇が当初の想定より長く続きそうであるだけに、既に表現として適切でなくなっている点を素直に反映したものであり、必ずしも、今後も相当の期間に亘って続くとの見方を示唆している訳ではない可能性があります。

    金融市場が別の要因も含めて神経質になりやすい局面である点も踏まえると、単にこの表現を止めるのでなく、12月FOMCでは新たな表現で置き換えることが必要になるように思います。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    またオミクロン株出現のものすごいタイミングでテーパリング加速発言しましたね。
    パウエルショックにならないことを祈念します。


  • badge
    日本総合研究所 理事

    EPS鈍化下での株価上昇で調整のタイミングを待ち構えていたところに、オミクロン株、金融政策正常化の前倒しという2つの大きな下振れ材料が現れたという構図なので、株価の調整はもう少し深まるような気がします。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか