新着Pick
499Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レノボ日本法人デビッド社長は、元々は『土佐日記』をなど日本文学を学ぶ研究者。しかし、お子さんの誕生で、お金を稼ぐ必要に迫られキャリアを急転換。日本の人材会社の営業から、そのクライアントだったら半導体会社に引き抜かれ実績を出し、そしてレノボへというユニークな経歴の持ち主です。

そんなデビッドさんは、就活は難しく考える必要はないといいます。自分も、キャリア戦略なんてなかった、と。

ただ、「Roll up sleeves(腕まくり)」をしてみる、自分にチャンスをくれた恩師はdisappointさせてはいけない、「Right place, right time」そして「Think big!」など、モチベーションがふつふつと湧いてくるメッセージをご自身の体験談になぞらえながら沢山披露してくれました。

Roll up sleevesーー。良い言葉ですよね!
ちょうど先週、「Roll up your sleeves」の話をし、「腕をまくった行動がいかに大切か」を、海外の同僚と話したばかりです。この表現は、外資系企業ではよく使います。

特に、上の立場であるほど、組織の状況次第に応じて、自ら腕をまくって、部下の立場にまで降りていき、一緒に取り組むことが、大事です。例えば、フィードバックとして「You need to roll up your sleeves.」と言われた場合は、上司だからといって、部下任せにして、状況を理解できていない場合や、部下が大変な時には、担当者レベルまで自ら降りていき、一緒に取り組むべきだったりする場合です。

仕事で高評価を得て、より大きな責任を任せられる人材の共通する行動の一つは、率先して腕まくりができる人です。部下のみならず、他部署のことであっても、困った状況がある時に、イニシアチブをとって「ボールを拾う」ことができるか、とても大切。まわりは、そういった行動を見ており、チャンスを与えてくれます。
同い年の友人で、お互い兄弟会社の経営をしているDavid。国を超えて新たな仕事に挑戦する経験も含め、以下のキャリアの考え方は自分の考えに非常に近い。

・Roll up sleeves - ストレッチして、自分ごととして、とにかく主体的にやってみる
・Right place, right time - キャリア戦略を決め過ぎず、目の前でコントロールできることに注力
・Think Big - 機会を与えられたら、リスクを取って大きく考える

せっかく働くのであれば楽しく全力で働けるよう、外部環境や自分のマインドセットを変えていくのは自分の責任。一方、「たかが仕事」でもあるので、コントロール不能な要因で悩み過ぎるくらいなら、最悪辞めて環境を変えれば良い。
好きなことを探すには、「色々やってみるしかない」との事ですが、結局それしかないですよね。

よく採用のシーンで学生から「仕事ができる人の特徴は?」と聞かれますが、いろいろ見てきたこの人スゴいなって人は軒並み「やたら行動してる」が共通してました。実行力というやつが異常に高い。

言ったら当然すぐやる。
言われなくてもやる。
思いついたらやっている。

色々悩んでも、人の話を聞いても、理想を語っても、最後は行動したかどうか。なので「人生は、やるか、やらないか」なんだろうなぁと思っています。

そうして動き続けた人が、のめり込むようなコトに出会い、向き合い、社会を変えていくんでしょうね。
色々やってみる=チャンスを逃さない、ということですよね。「難しく考えて、チャンスを逃す」学生は結構いるように思います。Aのほうがチャンスは大きいけど、自信がないので、Bの理由を一生懸命考えるタイプです。自信があることだけやってたら成長しないよ、って言うんですけど。
【ワクワクする方へ】
“Right place, right time(物事にはふさわしい場所とタイミングがある)」。キャリアのすべてを、自分でコントロールできるわけではない”

共感しました。最近のNPの就活記事でも同様の内容の記事が多い気がしました。未来から逆算して緻密にキャリアプランを立てるよりは、ワクワクする方へ取り敢えず進んでいく、という方が多かった気がします
就活の軸は「ここに住んでみたい」とか、「なんとなくこれが好き」くらいのもので良い

この記事を読んだ時に、スティーブ・ジョブズ の「Connecting the dots」を思い出しました。自分はこの言葉を、一見役に立たなそうなことでも、一生懸命目の前の事を取り組んでいたら、後々なんかに役に立つ、という意味だと思っています。

就活では、親からの希望とか世間体とか収入面とかいろいろ考えながらも、どこまで自分の好きな事に正直になれるのかという事、大切なのかなと思いました。
私もワクワクする方に進みたい!と思わせてくれる良インタビューな一方で、自分の感性を信じて進むのは難しいよな、とシビアに思う自分がいます。
少年時代は「ワンピース」を読んで、自分もルフィのように、勇敢でビッグな男になるんだ!と意気込んでいました。しかし年齢を重ねるに連れ、少年漫画の主人公たちがいかに勇敢で主人公らしく、真似し難い存在であるか思い知る機会も増えました。

ただ、本記事を読んで「ワクワクする方へすすめるのは強者のバイアスだ」と遠慮したくはありませんね。
ルフィもデビット社長も、自分のやるべきことを見据え行動し続けたことに共通項があると思います。
寒い日が続くこの頃ですが、この記事をきっかけに、今日は重い腰を起こして今月のやることリストを洗い出して見ようかと思います。
Davidさんもおっしゃっていたように、やはり日本の就活は側から見ると理解し難い文化がたくさんありますよね。笑

「日本に住みたい」これはとても単純な理由、でも彼に取っては生きていく上で一番大切な価値観ですよね。それさえあれば、働く上でモチベーションにもなりますし、まだ見ぬ好奇心へとエネルギーを活性化できるはずです。

ただ、一つ現実を突きつけるとしたら、外国人の言う「日本に住みたい」と実際に住み続けられるかは本当に人によります。ビザ問題で住みたくても住めないという方、海外よりもはるかに遅れたIT化、ジェンダーギャップを目の当たりにしてがっかりされる方も多くいると思います。

多くの場面で、私たちは先進国ではなく後進国になりつつあります。
だからこそ私たちは、日本を魅力に感じている外国人の方が、住み続けたいと思える社会作りを念頭に置いていかなければいけませんね。
"いまだ多くの就活生が同じような時に動きはじめて、同じような会社を受けている。外国人の私からすると、少し心配な気持ちになります。"

めちゃくちゃ同意なのですが、仕組み上そうせざるを得ないところも多々ありますよね…
この連載について
22年卒、23年卒、24年卒などZ世代の就活に、革新的な変化が起きている。コロナの感染拡大によるオンライン採用が定着や、学生のキャリア観の変化、“就活テック“が台頭しエントリーシートや、面接の口コミ評価などが出回るようになったことなどにより、Z世代の就活はどう変わるのか? 豊富な取材から導き出す。

業績