• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

政府、備蓄の石油を放出へ 供給不足で異例措置 米国と協調前提

227
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    石油が入ってこなくなったときにしか放出しないとされてましたが、やはり米国からの要請は特別のようです。


  • アーク合同会社(福祉タクシー) 代表社員

    そのための備蓄じゃないのでは?
    値段が上がったくらいで放出してたら、直後に海路を絶たれたらどうするんだろ。

    やっぱ減税でしょ。
    税率変更しても現場は混乱なんかしないし、生活必需品なんだから買い控えもしないよ。

    というか、税はそのためのバッファとも言えるんだから、さっさと下げろください。
    運送業が死んでしまいます。


  • 税理士法人勤務 manager【MAS、経営企画・立案PJ、医療PJ、研修PJ】(元数学教員)

    日本は、国家備蓄145日分、民間備蓄として90日分の石油備蓄を確保しているようです。
    https://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/pl001/pdf/2021/211115oil.pdf

    民間の石油会社の備蓄は湾岸戦争や東日本大震災などの際に取り崩した例がある。国家備蓄の放出は例がない。

    米国では市場に影響を与えるには2000万〜3000万バレル超とする必要があると指摘。米国戦略石油備蓄(SPR)からの売却もしくは貸与、またはその双方の必要の可能性があると記事があった。

    石油備蓄の効果的な運用について日本の考え方が問われている。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか