新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
そもそも今どきオーダーはスマホで、店頭では受け取りだけではないかな。つまりスマホのオーダー時点で決済の一歩手前まで完結できるはず。AmazonGoである必要は薄い気がします。
人気 Picker
アマゾンは自社サービスだけでなく、様々なプレーヤーのインフラになろうとしています。AWSの成功を皮切りに、決済だけでなく配送手続きも一括したアマゾンペイ、そして今度はリアルでの自動決済システムを多くのお店のインフラとして普及させる動きに出た象徴かと思います。今後も益々商業のあり方を進化させていきそうですね。
ロンドン生活では小さな子供連れてても袋に商品放り込んで、そのまま退店すれば決済できるアマゾンフレッシュが便利すぎてほぼ毎日使っている。不定形の生鮮食品も完璧に画像認識できているからスタバで機能しない理由が無い。日本の大手コンビニも早く採用してほしい
スタバがAmazon Goベースというのはニュース。でも個人的にはゲートがあるのもスタバっぽくなく、写真ベースではあまりフィットを感じない。

Amazon Goは、人をなくした完全無人店舗化が目的ではなく、人しかできないことにフォーカスできるようにしている。その意味で、アプリを持って入店すれば、ゲートがなくて、店員さんに注文&一部サイドメニューをピックアップすれば自動認識されるという良い店舗体験にフォーカスできれば良い組み合わせかもしれないが…
スタバは手渡しのオペレーションがあるので、それで対応できない人には決済する&渡さないというのができるので、ゲートなくしてもできそうに思うのだが…
【実店舗は必要か】
確かに,オーダーや決済がスマホで完結すればわざわざお客さんが実店舗に入って買い物をする必要はないですね.ただ,ついで買いを誘うなどの利点が実店舗にはあるんですかね.(この場合,余計な在庫を抱えなくてはいけない気もしますが)
amazon GOのピボットですね。

1.自社で使うのではなく、システムを外販する(外販ビジネス)
2.他社とコラボして弱点だった商品補充を強化する

スターバックスの店員が空き時間に商品補充すればよいですから。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本スタバの話ですが、モバイルオーダーがあるのに長蛇の列作ってるのは本当に意味不明。よほど暇なのか
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績

スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
13.1 兆円

業績