新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヨーロッパ/アメリカ/中国などEV先進国市場だと2025年にはEVが30〜50%のシェアを占める可能性があるので、30年にガソリン車廃止は現実的だと思います。もう少し廃止は早まる可能性もありそう。
「市場や顧客のニーズに応じて柔軟に対応する」...VWやDaimlerとは一味違う、BMWの「顧客志向の対応」。欧州OEMの中では際立っている。

(以下、記事中から引用)
ツィプセCEOは、シュツットガルト近郊のニュルティンゲンで開かれた会合で「内燃エンジン車廃止の準備は整う。自治体や国が廃止に取り組むなら、それに応じる」と語った。また「BMWグループはこの問題を不安視していない。よい考えかどうかは別の問題だが、サービスを提供することはできる」と強調した。

同業の独大手フォルクスワーゲン(VW)や米ゼネラル・モーターズ(GM)とは異なり、BMWはガソリン車の生産終了時期は設定していないが、30年までに世界販売の半分をEVにする見通しを示している。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません