新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イヤだイヤだと避けてきた民放のIPサイマル放送がようやく実現ですか。
10年以上かかるうちに、物理TVの前に座って視聴する人達の数もだいぶ変わってしまったし、くだらない番組の垂れ流しをリアルタイム視聴するのもバカバカしくなってその当時から主体的にTVを観る習慣がなくなりました。
集約と分散。
時代はいつも、この「集約と分散」を繰り返している。

瓦版から始まった現在の新聞は、ある時「毎朝読(毎日、朝日、読売)」という言葉まで生んだ。

ネットの黎明期には、ポータルサイトと呼ばれる機能をどこが獲得するか激しい生き残り合戦が繰り広げられた。携帯電話も、然りである。

グンユーバッコの時代を経て、いつの間にか落ち着きどころを見つけていく。それは人の心のどこかに「みんなと一緒」であることの安心感があるからだろう。

共通言語、共通情報を有することの安心感。

もはやオールドメディアと化したTVが、打つ手なく、止むに止まれず手を出してしまったネット同時配信。混沌としたメディア状況になってきており、まさに「分散」の時代に突入している。

が、このコントンを経ない限り、次の新しい「集約」の時代は訪れることはない。メディアの戦国時代だ。

でも、だからこそ面白い。次世代を担う新しいリーダーが、このコントンを集約させていくことになるのだろう。まだ10年以上はかかりそうだが、新しいメディアの枠組みを創る「時代の寵児」が、必ず登場してくるはずだ。
その後、同時配信だけでなく、アーカイブ化がどうなるでしょうか。
Youtubeとの視聴体験の大きな違いは、いつでも見れるかどうか。
共時性がキーとなっている地上波テレビが、Youtubeにどこまで「寄せる」のか、気になります。
Youtube以外の、テレビのビジネスモデルに似ていた「ネット放送局」にとっては脅威となるかもしれませんね。
民放各社でもテレビとネットの同時配信がはじまります。先月から各社の方針が発表されだし、年度内にはキー局5社はスタートの予定です。日テレに関しては明日からスタート予定となっています。
ようやくネット配信始めるのですね!地上波は全く見ないので、ネット配信始まると見る頻度は上がりそうだけど、リアルタイムに見ることはなくて全部の番組をアーカイブして載せてくれたら、見る機会も増えそう。
コンテンツの良し悪し、成否はやってみないと分からない。
TVerへの支持を見れば、やるに越した事は無いと思います。

ただ、「絶対」というのは過去そうならなかった例が多数あるので、言う理由があるにしても、後でやり玉に挙げられるかも。

本文より引用
“テレ朝の早河洋会長は「(中略)報道や営業の拠点のネットワーク体制は絶対に維持する」と述べた。”
ネットでライブ配信て笑 恩恵があるのはスポーツ中継くらいですかね?ライブで観れるからYouTubeとか他メディアじゃなくTV選ぶなんて人はもうほとんどいないと思われます。家にいて何となくつけている、他のメディアを選択肢としてあまりもっていない、そんな残存者利益しか拾ってないことを全く理解していないらしい、あわれです。
テレビのradiko化。放送法と著作権法が改正され、できない理由がなくなっていたのですが、全キー局が揃う時間は案外短かった。さて、系列ローカル局への影響やいかに。
ようやくという感じですね。とはいえ、Tverは全ての番組を網羅しているわけではないのでまだまだ発展途上だと思います。
テレビを見ない人が増えて、NHKは溶ける。スクランブルかけて、サブスクモデルに移行して生き残ってほしいです。
日本テレビホールディングス株式会社(にほんテレビホールディングス、英称:Nippon Television Holdings, Inc.)は、日本の認定放送持株会社。2012年10月1日に日本テレビ放送網が商号変更・会社分割を行って改組した。 ウィキペディア
時価総額
3,216 億円

業績