新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国から中国への緊張緩和の政治的シグナルです。バイデン大統領は、習近平主席との首脳会談を望んでいるとされるので、そのために米国側から譲歩して見せたということでしょう。
しかし、バイデン政権の中にも対中強行姿勢と宥和的な姿勢が混在します。ファーウェイ副会長との司法取引に応じる一方で、米国はファーウェイに対する制裁は解除していません。ファーウェイに関しては不公正な経済取引だけでなく、安全保障上の懸念が示されています。安全保障上の脅威と主張されると、バイデン政権としても、ファーウェイに対する制裁を緩和するのは難しくなります。
ただでさえ、バイデン政権では、ホワイトハウスの力が強過ぎ、国務省や国防総省の意見が反映されないという批判があります。バイデン大統領が一方的にファーウェイに対する経済制裁を解除すれば、米国内の国防関係者からの反発がより強くなる可能性もあります。
金融市場には年内に対面で首脳会談を開催し関税引下げで合意するとの見通しが強まっています。米国にとってはクリスマス商戦前にインフレを抑えるメリットがあります。バイデンの国内政策は多くの面で行き詰まっており、得点源にしたいとの思惑もあります。
中国メディアは孟氏を英雄のように取扱いされていますが、冷静に考えれば中国と米国の政治的な取引の結果だけだったのではないでしょうか。
いろんな名前のパスポート持っていた話は事実だったのだろうか?