新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
普及すると思わせてしまう期待感があるからではないでしょうか。
特に諸条件の異なる欧米が投資しているというニュースが現実を見る目を曇らせています。
もちろんごく一部では、成果を出すとおもいます。例えばワサビや育苗に特化するなど面白いでしょう。
しかしそれが食料問題をとか未来の農業をとかいうと途端に眉唾となります。
「本当の理由」というタイトルの割には、想像の範囲を出なかった。。

生産地と消費地を近づける、や、需要に応じて生産コントロールなどのメリットが出ないんでしょうね。大規模工場よりも、小型の省スペースに合わせたソリューションの方が日本にはフィットしそうですが、そもそも生鮮野菜が豊富な日本のマーケットに合わなさそうですよね。

全体のトレンドとしては、多様性による複雑系のアプローチが増える中で、生態系から独立させた単一作物の生育というのは、オワコンな気もします。
僕も個人的にこれからじゃないかなと感じます。ただ、既に出来上がってる工場で稼働が上がってないところと、業績安定して伸びている事業者とでは状況違いますよね。

僕が知ってる工場は、もう完全に下向いちゃってます。にっちもさっちも行かない状況であちこちにどうにか助けてくれと泣きつき回ってる。でも事業設計見ると、それもまぁ、納得。一方、コメ欄のアースサイドさんみたいに、「これからっす」と前向きに進んでる企業もいらっしゃる。細かい業界事情までは存じ上げませんけど、このあたりがノウハウの違いなのかなと、推察します。

最近埼玉などでは小規模コンテナハウスに植物プラントを組み入れて、BBQと新鮮野菜を組み合わせたサービスを提供している企業もいます。もぎたて無農薬野菜をその場でBBQできるのは、プライスレスで良いですよね。技術は、用途によってうまく使い分ければ、いいんじゃないですかね。
一言で言えば「土壌と水が使えるから」です。土壌や水が汚染されていなければ、土壌と水から栄養を得て植物を育てることが可能なので、全てを自分で与えなけれならない水耕栽培や植物工場の方が高くつく…だからコストが安い路地栽培から抜けられない。

しかし、豊かな土壌がなくなり、水も使えるものが少なくなると、待ったなしで、植物工場の一択となります。そうなってくると、ボリュームが増して、スケールによるコストダウンも効果がでてくるため、一気に拡大するでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
生産性を一桁上げる遺伝子編集が普及してからでしょうねぇ
数年前に大きなブームになりましたが上手く行っていないのですね。当時から不思議だったのは、威勢の良い計画に割には、詳細な収支計算のシュミレーションを見たことがないことです。日本の電気代の高さやCO2を出すエコでない生育方法を考えたら、時代に合わない面もあると思います。
何年か前にNewsPicksでも
これからの農業
植物工場が農業の未来を作る
未来の食糧生産は植物工場だ!

みたいな飛ばし記事がたくさんあって、葉物ぐらいでしか採算の道がないのに何言ってんだと

また安易な気持ちで無農薬!とかを売りに使用して参入し、水などからの病気の侵入で死亡したりする事例が多いの知ってんのかね?という感じでしたが(そういう意味で今きちんと無農薬で工場回せてるところはすごい技術)

農業サイドとしては
「うん、知ってる」

という感じです
植物工場って80年代が第一次ブームなんだ
生まれる前だ...