128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマホに専用アプリ入れて、自分でバーコード読ませるのは面倒ですね。
ファミマのセルフレジでいいと思う。
セブンがスマホレジを導入とのことですが、アプリをいれたりとか、わざわざアプリを開いてバーコードを読み取るとか、正直かなり面倒くさいです。セルフレジを置いておいて、EdyとかSuicaとか電子マネーでの決済が一番早くて楽ですね。QRコードすらアプリを開くのが面倒くさいです。
また、セルフレジに現金決済があるとそこで流れが悪くなるので、現金決済は有人レジかセルフレジでも使える台数を限定して、キャッシュレス専用のセルフレジを複数台置いておくのが良いと思います。
ランチ時間の劇混みコンビニで、並びながらキャッシュレスレジのスムーズな流れを眺めていれば、キャッシュレスのニーズも更に高まるのではないかなと思いますが、どうでしょうかね?
セブンだけならいいですが他のスーパーとかでもこの方式だと、アプリや動線というかやらなきゃいけないことの手順が店ごとに異なるという超面倒な事態になりそうなので、いち消費者としてはあまり歓迎してないです。
先日、某スーパーでこのタイプの支払いを初めて試してみましたが、普通にスマホを使える僕でもお店の人に尋ねないと分からないくらい謎の儀式がありました。
いずれも客側が慣れるまで時間がかかりそうですし、先は長いと感じます。

カゴを置いただけで一発で完了するユニクロのアレみたいなのならまあ何とか。
米国では先行して導入されているのか。
動画を見た感じだと、ローソンと同じ様な仕組みですね。
どちらが先か分からないけど。

記事にもあるように、コード決済の利用者が増えてきて、アプリの起動が習慣化していると考えたら、面倒くさいの壁は超えていけるのかも。
インフキュリオンの調査では、コンビニの決済方法が現金とQRコード決済が同率(32%)でトップとなっていて、電子マネー(19%)を上回っている。
アプリの起動が習慣化している人であれば、今までの流れのまま、セルフスキャンも受け入れられる環境にはなっている。
セブン-イレブンアプリでもPayPayが使えるし、アプリ内でスマホレジ用のクーポン配布などで、スマホレジの利用を促進出来る思います。

『スマホで簡単 レジ待ち0秒!新しいお買い物のカタチ|ローソン研究所』
https://www.lawson.co.jp/lab/app/art/1388837_8411.html

『Using Mobile Checkout at 7 Eleven - YouTube』
https://www.youtube.com/watch?v=LbV-3Lu6Xbs

『QRコード決済の利用率が全年齢層で昨年から10%以上増加し、54%と過去最高を記録2020年から2021年にかけて消費者の生活行動におけるデジタルサービスが定着化|株式会社インフキュリオンのプレスリリース』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000031359.html
「公共料金や、年齢確認が必要な酒類やたばこの支払いは有人レジ」って、結局酒たばこを買う人間は何も変わらないってことじゃん。
セブンイレブンならば比較競争力があるので、まだ理解できるのですが、昨今、猫も杓子もアプリをダウンロードさせようとするトレンドに疑問を感じています。

スマホの利便性を考えると、特定のメーカーや店舗のために、いちいち立ち上げてアプリを沢山使い熟す人は少数派では?

囲い込みのためにアプリを作っているようですが、大半は逆にめんどくさいと思われるのが落ちでは?
なるほど。お客様自身でスマホをつかってバーコードを読み取り、決済をするからレジに並ぶ必要がなくなるのですね。
コロナ禍だと重宝されそう。
今までの「常識」だと思っていたものが「非常識」に、今まで「非常識」だと思っていたものがこの先の「常識」になっていく、VUCAの時代、新しいことに積極的に挑戦することの重要性を感じる
#キャリアコンサルタント
スマホで決済するのは利便性が良くなりますし、店舗の人員が確実に減りますね。完全な無人店舗ではないので、ある程度盗難リスクの軽減できるでしょうし。

私の近所に多くあるイオン系マイバスケットは、スマホ決済ではないものの、キャッシュレス・レジが2台設置されていて、レジを待たずにとても便利です。
これがさらに自分のスマホで決済して商品を持って帰るだけならさらに便利ですね。
この数年でだいぶん変わりましたね。自動釣銭機になったのも本点検時間が大幅に縮小できるので革命的でしたが、最近では今回のような動きや、商品ごとにICチップを付けて棚卸しを簡略化する動きがあるなど省人化がどんどん進んでいる印象。鈴木さんが退任してからこの動きは顕著ですね。
総合流通グループ。コンビニエンスストア、総合スーパー、レストラン、銀行、ITサービスなど幅広い業態を展開。総合小売業を目指すとしていた方針を転換し、同社の核であるコンビニエンスストア事業へ集中。
時価総額
5.63 兆円

業績