新着Pick
120Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他の記事へのコメントでも書きましたが…

河野さんどうこうというより、中国でビジネスしようと思ったらこんなの当然です。大企業が中国で事業展開する際には国有企業(≒共産党)との合弁が常套手段です。批判してる人は中国ビジネスの常識が全く分かっておられないと思います。

自動車で言えば、中国の3大メーカーである第一汽車、上海汽車、東風汽車は全て国有企業であり、外国の自動車会社の多くは彼らと合弁会社をつくり、ほとんどの場合中国側がマジョリティを持っています。
今回の件が責められるなら、日本も含めて世界中の多くの企業は(一部の方がよく言われる)中共の手先ということになってしまいます。中国に進出しているほとんどの企業からの政治献金もアウトになります。

今回問題になった会社は董事長(日本で言う社長)は共産党員ですが、国有企業でもありませんし、中国側の出資額も80万ドル(9000万円)と中国の金持ちからしたらゴミみたいな金額です。
社長が共産党員の会社なんてたくさんあります。麻生さんの実家である麻生グループも中国で合弁会社を持ってるみたいですし、他の政治家が関係してる会社を洗い出したらこの程度の話はきっとゴロゴロ出てくるでしょう。もうアホらしいです。

こんなのことにガタガタ言ってたら中国で商売などできませんし、ホントにダメだと言うなら日本経済強靭化など一発で吹っ飛びます。
親族の会社、それも中国での合弁会社を国営企業と作っているだけの話。こういう話に中身も分からず反応することが多いのが、日本人の経済感覚と国際感覚の無さをよく表していると思う。
こことが河野さんの政策判断に影響したことも、影響することもないと思うけど、李下に冠を正さず。
この会社から献金を受けるのはやめたほうがいいと思う。