新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
この人が言うことには全くcredibilityがない。もともとメチャクチャだったが、結果が全てだ。
人気 Picker
バズーカと呼ばれた大胆な金融緩和のカンフル効果が切れて追加緩和の手段が乏しくなった状況下、「必要であれば金融政策をさらに緩和する」とおっしゃり続けている以上、なにか良いところを見つけて景気は悪くないと言い続けるしかないといったところじゃないのかな・・・ 海外景気の回復等で設備投資はそれなりに回復するでしょうけれど、効果を発揮する政策余地があるならば、緩和を決断しても良いほど日本の景気は欧米に立ち遅れていると感じないでもありません。ワクチン接種が米国に追いついて人口当たりの新規陽性者数も死者数も欧米より少ないにも拘わらず政府が感染症の専門家やメディアに押されて活動を止めている以上、日銀にやれることは少ないでしょうけれど (^^;
たしかに、家計の消費に比べると、企業の設備投資は堅調に回復しています。ただ、好調な製造機、低迷が続く非製造業の二極化が鮮明なため、回復の持続性は慎重に見ておくべきだと思います。
行動制限に頼り続ける以上、浮揚感がない景気回復となるでしょう。
「日本経済はワクチン接種の一段の進展により新型コロナウイルスの影響が薄れ、回復する」というコメントなので、ワクチン接種の進展が決め手になります。まだ50%強。徐々にでも消費が回復すればいいのですが。

尾身会長は新型コロナが落ち着くには、2年から3年かかると発言しています。飲食やサービス業、ホスピタリティ業界、航空業界はまだ景気回復からはほど遠い状況です。

企業業績もサプライチェーンの分断で、減産を余儀なくされている企業もあります。企業業績が堅調に推移しているという実感はありません。
外需に支えられた大手製造業を中心に、コロナ禍の最悪期を脱しただけ。力強さはまだまだ足りない
財政出動をしている割には、という印象です
日本はコロナ前からインフレ率が低く金利も低い状況だったのですから、多少強めにアクセルを踏んでも良いのではないでしょうか
少なくとも今の米国のテーパリングを真似する段階ではありません