• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【核心】ひたすら「赤字を掘る」ことは、健全ではない

NewsPicks編集部
914
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者

    私には、WAmazingのビジョン達成とはまた別の夢、というか目標がある。それは、スタートアップ「WAmazing」に参加してくれた、CFOやCOOやCTOや共同創業メンバーの、「ポストWAmazing」のキャリアだ。

    日本中を楽しみつくすアメイジングな人生に、は、WAmazingのビジョンだが、それに社員みんな含めて共感してくれてはいるが、究極いえば、これは、CEOの夢であり、最も実現したいこと、だ。

    CEOは、不足しない。
    「誰にも頼まれてないのに、勝手にやりたいことに向かって起業する人」だからだ。頼まれてない、言い出しっぺ。笑

    しかし、それを支えるボードメンバーは常に足りない。
    COO、CTO、CFO探しに苦労するスタートアップは多い。

    ラクスルの永見さんのように、成長成功企業で、CFOをしていた人らいわば、シリアルCFOは、最も少ない希少人材。次のキャリアは、ひくてあまたすぎて、とても選べないほどだろう。

    WAmazingが成功すれば、創業メンバー、ボードメンバーには、トラックレコードができ、同じ環境になると思っている。だから、みんなで頑張らないと…。
    それが、もう一つの夢、目標である。


  • シニフィアン株式会社 共同代表

    (社外取締役なので関係者です)

    Amazonは、CFに関して極めて強い規律を持っていましたが、まさにそれと同様、ラクスルにも確固たる規律を感じます。
    ラクスルがグロースを大事にしていることは、開示資料において30%成長を長期にわたってコミットしていることからも明らかですが、ボトムライン・CFをしっかりコントロールしながら将来投資もしっかり仕込む同社の経営手腕は、社外取締役という立場としても非常に心強く感じます。

    一点、記事中で同社のサービスに関して「マッチングサービス」という言葉を多用して説明していますが、これは現在の同社の事業実態や付加価値の中身を考えると、適切な表現ではありません。
    「マッチングサービス」だと、需要側と供給側のマッチングに価値の重点があると理解されますが、実際は同社は単にマッチングしているだけではなく、オペレーションの高度化をはじめとして、仕入れからデリバリーまでサービス提供全体の付加価値を上げることをしており、だからこそ粗利率も向上できているわけです。

    この点については、先日の決算発表の「第二部」でも明確に触れられていて、上場時はマッチングに軸足を置いたシェアリングサービスであったが、現在は「統合バーティカルプラットフォーム」へと進化している、とp.2で明確に述べています。

    https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/ir_material_for_fiscal_ym/106352/00.pdf


  • badge
    金融教育家

    「成長投資は必要だけれど、投資をするのはどこの企業でも当たり前であって、利益を出してその上で再投資をするべきだ」という視点から、ひたすら赤字を出して投資をしまくるのではなく、トップラインの成長と投資のバランスを取るようになったとのことです。以前は、投資をしまくってダメなら玉砕というスタートアップが多かったと思うのですが、プロのCFOが増えることで財務面で健全化が進んでいるのですね。このインタビューにも出てきますが、この財務戦略にプラスして大事なのは、株主から理解を得ること。新たなビジネスモデルを短期でつくることが重要だから、どんどん投資してスケールすることにお金を出すよという株主もいれば、成長と投資のバランスを取ることに賛同する株主もいる。株主と経営の期待するものが合致していることが重要ですね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか