新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍でわかったものは、ミーティングのデフォルト設定時間が基本的に1時間が多かったのですが、30分がデフォルト設定になったことです。最近では15分でも問題ない。
対面ミーティングですと、きっとここに雑談も入って良いコミュニケーションができていることもあったと思いますが、ミーティング室にいくまでの時間、席まで戻る時間ですとか、考えても1時間は長い社内ミーティングでした。でも、この前後でちょっと話せる雑談が意外と人を知れて良かったとか、気が付かない間に雑談できている関係もそれはそれでよかったです。
また、子供の学校とのやり取りの毎日の大量な紙が、なくした、どこいった?あったはずの、あのやりとりが、我が家はほぼ無駄に繰り広げられており、GIGAスクールにより連絡事項がデジタルになったことはありがたいです。
紙を毎度なくしてしまわないように、携帯で画像にしていましたから最初からやり取りのコミュニケーションはデジタルで良かったなと改めて思いました。
言い方は不謹慎かもしれませんが、コロナ禍がなければ、多くの企業は未だにFAX、紙、印鑑。。などに頼っているのではないでしょうか。
まあ個人的に思うのは以下かな。

・コロナが収束した後は対面営業する会社は増えるだろう
・個人的には、会議や打ち合わせの質だけでいえばオフラインよりオンラインの方がよいと思っている。(オフラインを100とすると、オンラインだと95くらい。通信品質とかで多少劣化するのは避けられないでしょう)
・営業活動だと、その劣化分がどれくらい受注に響くのかは分からない。2021年はほとんどすべての営業がオンラインMTGになってるから他社と差がでないけど、オフライン復活する企業が増えてきたらどうなるだろう。そして多分「やっぱり顔を見せて、会いに来てくれる営業さんの方が安心するよね」っていうお客様も出てくるはず。
・とはいえ移動時間というコストが削減できるよね、っていうメリットは当然ある。

ので、「対面上等」と「合理性・効率」の2つの派閥が戦い合う未来をなんとなく想像しました。
対面での会議の多くが不要だというのは、コロナ禍前から指摘されていました。

会議の前に、「問題点は何か?」「その原因は?」「考えられる解決策は?」を参加者に回答させ、それを議長がまとめ、意見が異なる点や重要問題に絞って議論すれば、会議時間は半分以下になるでしょう。

もっとも、暇な社員にとっては会議は雑談をする息抜きの場になっていることもあるので、簡単に廃止できなかったのでしょうね(笑)
議題についてディスカッションしてゴールや結果を出すのが、会議なら対面である必要は無いと感じます。

ただ、相手との関係づくりやアイデア出しを活発にやるような時は、やはり対面かと。

リモートワークで対面会議が減った・要らなくなった!と気付いたのは、結果やゴールを出す会議が今まで少なかった事の裏返しでしょうか。
全部が全部対面にする必要はなくなりました。明らかなのは、オフィスでの事務処理。これは中断が入って捗らない。ただ対面での打ち合わせが効果的な場合もありますからね
#キャリアコンサルタント
オンラインが主とリアルが主の分断が企業でも、企業内の部署でも、個人でも起こりそう。

社内イベントなんて社内のコミュニケーションや関係性構築促進の手段だったはずだが、手段が目的化したものになってるわけで。ハンコとか会議も同じことかと。

そうなるとオンラインであってもリアルであっても本質を何と捉えるかが大事になるけど、そこには大きな分断があるきがします
対面の会議は慣れ親しんだ相手なら不要、でも会いたくなるタイミングはありますね。逆に新しいお客様だと顔を見たことないのは仕事上、支障はないけど仲良くなりにくいのは確か。アップセル、クロスセルはしにくくなりました。
エン・ジャパン株式会社(英語: en-japan inc.)は、東京都新宿区に本社を置く日本の企業。求人情報メディア・人材紹介サービス等の運営を行なっている。 ウィキペディア
時価総額
1,790 億円

業績