新着Pick

野党は支持率低迷に危機感…「7%」の立民、自民「36%」に大きく水あけられる : 衆院選 : 選挙・世論調査

読売新聞
読売新聞の緊急全国世論調査で、立憲民主党など野党の支持率はいずれも1桁台に低迷し、危機感を強めている。立民は自民党総裁選の行方も注視しながら、次期衆院選で重点的にアピールする政策分野などについて戦略を練り直す考えだ。
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自民党内の国会議員の動きについて野党の政治家は「新型コロナウイルスで国が大変なときに党内抗争にあけくれている」と批判する。しかし、次の衆議院選挙で野党共闘のためにどのように政党間で候補者を調整するかにを議論をしている野党幹部も同じ穴のムジナではないか?有権者はそのことを知っているから自民党総裁選挙をめぐる一連の動きに接しても、野党支持ムードが高まらない。野党支持率は低迷したまま。そのことに野党は気付いていない。
自民党もたいがいですが、野党はホントになんとかなりませんか。立憲民主は結党時は20%ぐらいの支持率ありましたから、期待を裏切った責任は重大です。

いつまでも顔ぶれが変わらない執行部は退陣して、40代以下、世襲ゼロの政党に生まれ変わるぐらいのことをしないと存在意義がなるなります。
今のうちに自民総裁候補で勝てそうな人か、負けて党を出そうな人にすり寄っとけ、と思う。もはや今の野党は全て不要な存在。
「悪夢の民主党」からまともな政治家達が脱退した後の「出がらし」が立憲民主党

「イベルメクチン推進」や「ワクチン反対」で国民の命を失わせた立憲民主党は存在価値が無い、と言うより有害
立憲民主党など存在意義はない。すぐに解党すべし。