新着Pick
778Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
研究者として数々の学会誌に投稿、覆面レフリー(査読者)に超辛口のフィードバックを受けうち9割以上rejectされてきた経験からすると「50%は当たっている、30%はどちらでもない、20%はとんでもない」。論文ならともかく、仕事ぶりに関してこの50%と20%を冷静に切り分けられるかが重要だと思います。

追加:日経ビジネスの8月30日号に心理的安全性とフィードバックについての記事があり、Netflixの「4つのA」についてふれています。Aim to assist, Actionable, Appreciateに続く4つめのAはAccept or discard、つまり取り入れるかどうかは自分で決めるということです。
人材育成やキャリア開発、人事査定まで「フィードバック」については、様々な角度から様々な手法が考案されていますが、その多くは、主に「フィードバックする側」に立ったもので、「フィードバック"される"側」についてはあまり情報がないかもしれません。

今週は、英語版Quartzの有料ニュースレターの仕事や生活にまつわる最新トピックのTipsを伝える「How to」から、フィードバックをどう受け取り、どう改善につなげていくか。「フィードバック”される”側」の目線から、厳しいフィードバックとの向き合い方についてお届けします。

Quartzの日本語版「Quartz Japan」では現在、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。Quartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/subscribe/
フィードバックは、相手との関係性次第で受け取る側も、提供する側も位置づけが変わる。そのまま活かせるフィードバックもあれば、読み替え、直接的に言葉で言及されない文脈を理解して、はじめて活かせるものもある。受け容れられない内容は、そのまま受け容れなくても良い。但し、勇気を持って、自身のために伝えてくれたことをスルーするのは、勿体ない…。
人間は主観的に考える特性があることを鑑みると、見えていない、気づいていないことが沢山あることを認識したい。フィードバックで感じた"違和感"は、自身の行動変容の"気づきの機会となることを心得たい。特に、Negative Feedbackを活かすための自身なりの受け容れ方=Receptorを整えていきたいですね。
『「厳しいフィードバック」の受け止め方』を素直に読むような人は良いだけれど、こういう受け止め方自体を素直に受け止めない人にはそもそも率直なフィードバックをすることが双方のストレスになってしまうこともあるということなんだよね。
フィードバックに対しては、常に感謝の気持ちを持つことが大切、とのこと。確かに、意見を言ってくれた事実に対して感謝することは大切ですね。フィードバックの内容は別にして。
日本だと、フィードバックが、仕事のやり方や行動のみにならず人格まで触れることもあるし、受け取る側も人格に触れられてなくてもそうなりがち。「対応」とあったけど、変えるのは行動。初期妖怪ウォッチで何でも妖怪のせいにしてたけど、悪いのは行動であり、人ではない。そう考えておかないと、日本だと気に病み過ぎてしまう。
この記事の最後の文章は非常に大事。
『すなわち、「専門家のほうが真実に近いフィードバックを与えられる」「フィードバックは従業員が新たなスキルを身につけるうえで重要な役割を果たす」「パフォーマンスとエクセレンスは客観的に測定できる」だ。
この3つに共通するのは、自己中心的な考え方だ。
彼らは自分の専門性と、同僚たちの非専門性を所与の条件と考える。自分のやり方が、みんなにとっても正しいやり方だと信じている。これは明らかな論理の飛躍だ。』

フィードバックは人にとって大事なものであり、言う側も受け取る側も、"フィードバックそのもの"に意思と知識を持ち合わせる必要がある。

"常に自分の考えは足りない点ばかり"という視点を持つ事で、初めて相手のアドバイスやフィードバックを聴く姿勢を持てる。これは自戒も込めて改めて認識したい。
大事なのは丸っと変えるのではなく、良い意見を"加えて"ブラッシュアップしていくこと。また、記事の最後にもあったが、自己中心的な勘違いをしていてはいけない。
常に自分にもバイアスが掛かっている事を知っていなければいけない。
あまり言われたことを気にしすぎてもいけないが、常に嫌な気持ちになったりネガティブに受け止めてはいけない。
どちらかというと、常にポジティブに受け止め、自分に対して時間を割いて考え、意見を言ってくれたのだと素直に受け止め続ける心が大事な気がする。これは幾つになっても大事な考え方。
受け止め方の視点はなかなか見かけない情報ですが非常に有用ですね。
名著「自分の小さな「箱」から脱出する方法」の中で使われている「箱」の概念が非常にわかりやすい概念なので、受け止めのマインドセットとして押さえておくとよさそうです。

簡単に紹介させていただくと「自己欺瞞に陥った状態」を「箱」に入った状態と定義し、「箱」から出ることで双方にとってよいコミュニケーションとなり得るという話です。
「嫌われる勇気」と近しい話でもありますが、個人的には「箱本」の方が納得でお勧めです。
フィードバックにおいても、双方ともに「事実・感情・考察」と分解して伝える、聞き取ることで受け止めやすくなると思います。だいたい、そこがごっちゃになる。

また、相手の文脈まで完璧に理解してフィードバックすることはなかなかに不可能なので、全てを受け入れる必要性もない。とはいっても、すべて聞き流せばいというものでもない。

なぜ、このようなフィードバックを得たのか考えることが対話の入口になり、より適切なフィードバックにつながると思う。