新着Pick
357Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何のために何がしたいの?という本質的な問いに向き合って考えられている、ブレない芯があるなと感じました。

アメリカでNBAを観た方は共感いただけると思うのですが、「アリーナ」は本当にすばらしい魅力があります。体育館で観るのとは全く違う一体感臨場感を感じることができます。

このアリーナの一体感臨場感は音楽イベントで活かされます。明らかにライブハウスやスタジアムとは違う音楽体験を楽しめると思います、

一昨年、ボストンのTDガーデンでセルティックスの試合を観戦したのですが、その後もNBAの試合だけでなく魅力的な音楽ライブの案内がメールで多く届きます。アリーナをフル活用し音楽産業とともにバスケで日本を元気にしてほしいと願うばかりです。
野球、サッカーに続き、バスケを日本の3大スポーツへ。
この構想を応援します。

私自身、子供の頃からサッカー小僧で、プレーも観るのもサッカーでした。
それが数年前に武蔵小杉駅前でビラ配りをしていた川崎ブレイブサンダースの選手(辻選手)と話したことで興味を持ち、アリーナに行ったらその迫力に圧倒されて虜になりました。

BリーグはJリーグの成長と似た経路を辿っている印象はあります。リーグが出来たことでプレーの質が上がり、W杯出場や世界最高峰のリーグに入団する選手も出てきました。

既にファン獲得には成功してますが、やはり完全な市民権を得るには、サッカーでいうジーコやストイコビッチのような世界的スーパースターが入るとメディアが着火するのではないでしょうか。

レブロン、カリー、KDあたりが来たら面白い。


島田さんの話にもある通り、Bリーグは経営意識が非常に高く、コロナも過度に協会などに依存することなく乗り切っているので、次の構想に向かって着実に邁進してほしいです。
発足5年でBリーグの経営格差はすでにここまで開いているのかと、改めて見ると気づきます。このままにすると未来の選択肢が限られるということで、2026年に向けてリーグ再編を目指すのは非常に納得。基本的に各クラブの経営陣も賛同しているとのこと。日本スポーツ界で前例のない取り組みなので、今後も注視していきたい。
リーグが自分達のあるべき姿をしっかり示し、多少のエラーが起きることも前提で着実にアクションを積み上げているBリーグのポテンシャルが大きいことは間違いないと感じています。
コロナ禍で様々な環境が変わっている今だからこそ、チャンスはより大きいのではないかと思います。
ミクシィ、DeNAをはじめデジタル企業が続々参入していることで市場として価値が高まっているBリーグ。「Bリーグが“3大プロスポーツ”という社会的評価を得られる状況」はもう始まっていますね。
ゲーム成績ではなくビジネス成績でリーグを決めるのは新しいですね。面白い。
休日にイオンモールに家族で行ったり、パチンコ行く代わりに「とりあえずアリーナ行こうか」という文化が育てられるかがキーかな、とは思う。
シンプルでわかりやすいですね。B1の基準を10チーム以上がクリアできるのか。そこだけですね。カーディングの自由度を上げるというのが(本質的な問題なのでルールセッティングとしては正しいのですが)難しいのでは?と感じます。
アリーナだとサッカーや野球などのスタジアムと違って一体感も出しやすいですし、アリーナ経営はまさにスポットオンだと思いましたthx
井上雄彦氏による女子バスケ銀メダル物語とか盛り上がりそう。。。