新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他のニュースの内容を見ると、自動運転は正しく警備員に反応して停止動作していたのに、同乗していたオペレーターがきちんと確認せず発進ボタン操作で発進させたところでの接触とのことなので、完全に人災だとしか思えないのですが。もちろん一定の接触回避の機構は課題にはなるかと思いますが。

この記事だとまるで自動運転の誤動作で事故が発生したようなミスリードです。

事故ったことは事実なので、そこに対して謝っているのでしょう。
追記: 多くのコメントが2次情報を読んだだけで人災やオペミスと、やや断定的な意見が多すぎるのではないか。L2の事故というものはその原因究明は非常に複雑であるし、L3になるとルールすらまだ決まっていない。自動運転社会を迎えるにあたって、今回の事故は真摯にADの安全認証の重要さを考える機会にすべきではないだろうか。

ちょっとショックな事故だ。被害に遭われた選手に大変同情しつつも、慎重に原因を見定めたい。トヨタの発表の中にも未だはっきりとした原因が示されていない。
eーpaletteは選手村での巡回モビリティではレベル2の運用であり、厳密には自動運転ではない。従ってヒューマンエラーの可能性も確かにある。
2025年には公道でも本格的なレベル4を目指している。今回の原因を究明し、この苦難を乗り越えて進歩を続けて欲しい。次は北京冬季での運用も控えている。
残念な事故ですがトップの動きが早くトヨタの危機管理意識の高さを感じます。ただ、本当に目の見えない人への配慮が設計時点で欠けていたのであれば、組織としてダイバーシティを今後どう企業文化に取り入れ、商品開発などのプロセスでマジョリティ以外の視点を組み込んでいくのかという問題に真剣に取り組む必要があるのでは。
驚いて色んな記事を確認しましたが、自動運転機能ではなく人的なオペレーションの問題のようです。これをもってトヨタの自動運転技術を批判するのは適切ではないでしょう。

詳しい原因の分析はこれから行われると思いますが(スズキさんも書かれていますが)言い訳をせずに社長自ら謝罪コメントを出されたことは大変素晴らしいと思います。トヨタイムズでも豊田社長が話されていますが、自ら事故後すぐに現場に行き、確認されたのもトヨタらしい対応だと感じました。

北薗選手が試合を欠場されるのは大変残念ではありますが、まずはご回復をお祈りいたします。
自動運転ではなくオペレーターの問題と聞きます。豊田さんはそれをかばっているのかもしれません。でも事実だとすれば人より機械が安全という実証にもなります。このあたりの塩梅が難しい案件。
トップの謝罪対応の迅速さに感心させられた。大きい企業だと、企業の構造上対応に時間がかかることも多々あるだろうが、今回はすごいと思った。
AIの判断で止まったのに発車時の人間のボタン操作の方が優先度高いの設計ミス感あるけど…
問題が起こった際に、他人のせいにする前に自分の責任をまず第一に遂行する姿勢は、逆に信頼感に繋がりますね。
もちろん他の原因もあるでしょうが、それを先に出さず、自身の責任を果たす姿勢が素晴らしいと思いました。
遠隔監視室に2-3人、車内にオペレーター2人が乗っていても、接触事故起きるのか…。選手村は人が多いとは思うけど、オペレーターが乗ってるなら緊急停止はできる気もするけど、なかなか難しい部分はありますな。
そうか、自動運転車は走行・操縦は無人だが、乗降補助は有人でなければならない。

走行では、非定常な状態を関知したら、路肩へ回避・停止をデフォルトにすべきで、その場合、例外なく渋滞を引き起こす。

「遵法走行は必ず渋滞を引き起こす」問題が解決できていない。

「トロッコ問題=勝手なトリアージ」と、この「ずる賢い運転」問題が悩ましい。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
34.8 兆円

業績