新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国は、世界各国にアフガニスタン難民の受け入れを要請しています。すでに受け入れを表明している国は、
・カナダ 2万人
・英国 2万人(今年は5千人で、4年間の計画)
で、米国自身も受け入れざるをえませんが、人数は決まっていません。ベトナム戦争後に受け入れたのが13万人だったので、それが1つの目安ではないかともいわれています。
 バングラデシュのように、米国の要請を拒否している国もあります。ロヒンギャ難民だけですでに100万人いるので、当然ともいえますが。
 アフガニスタン難民は、何万人になるかわかりませんが、受け入れ先は全然足りません。また、米国、英国、カナダなどに受け入れられるとしても、すぐに入国できるわけではありません。米国は、一時的な滞在の受け入れも、多くの国に要請しています。一時的に受け入れることを引き受けた国は、
・パキスタン
・インド
・ウガンダ(2千人まで)
などがあります。この記事でいう「欧州に着陸」というのも、まずドイツに着陸したうえで、多くの難民は一時的な滞在先に向かうことになります。アルバニアやコソボ、北マケドニアが、一時的な滞在先になることを引き受けています。
 米国や英国行きを希望していたものの、一時的だったはずの滞在先にずっと住むことになる、というのも、難民にはよくあることです。たとえば、インドネシアは2013年にアフガニスタン難民8千人の一時滞在を引き受けましたが、その後、欧米やオーストラリアには行けないまま、今もインドネシアに住んでいます。
アメリカのアフガン撤退は、タリバンが急速に全土を支配したため準備不足だったということは言えるが、この撤退のロジの混乱はアメリカらしくない。米軍に協力したアフガン市民は6万人、家族も入れると10万人とも言われるので、さらにロジは大変。
海外メディア各社からBREAKINGがきていたニュース。「カブールから退避した航空機はこれまでカタールのアル・ウデイド空軍基地に着陸していたものの、収容能力の8000人に達し、状況が悪化している。着陸先がないため、カブールでは退避便の出発を一時停止する状況にも陥っている」