新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらの連載のカン・ハンナさんの分析が参考になります。
https://newspicks.com/news/5133638

Webtoonからドラマ化での初期の成功作品としては、日本版も作成された「ミセン」(2014年)があげられます。「チーズ・イン・ザ・トラップ」(2016年)もそう言えると思います。2018年にはいり、「私のIDはカンナム美人」、「キム秘書は、いったいなぜ?」等がヒットし、webtoonのドラマ化という流れが定着したと理解しています。

ちょっと調べてみましたが、2021年はwebtoonが原作となったドラマは35作品と驚きです。
https://www.kpopmap.com/25-dramas-of-2021-based-on-webtoon-confirmed/

最近は、Kakao Webtoonの広告にIUを起用したことも大きな話題に。
https://www.allkpop.com/article/2021/07/iu-mesmerizes-netizens-with-her-stunning-gaze-in-new-kakao-webtoon-teaser-clip
アフリカでみられるネットフリックスでも韓ドラはとても豊富にある。それどころか、スワヒリ語字幕まであるので驚く。
すべて見ているわけではないけど、差別やハラスメントに気配りし、「いまの空気」を汲んだシナリオになっているドラマが多いのも驚いています。
アフリカで見られる日本の作品は「全裸監督」くらいですが、昭和推しな内容で見る気になれませんでした。あと、ジブリ作品のネトフリ世界公開はアフリカの国々も対象になっているようで、見ることができます。
世界中のNetflixやAmazon primeで日本のアニメが翻訳されて見られるのに、日本のアニメーターの給料の低さ。

Cool Japan が、クリエイターの懐をHotにしてくれる事を祈るばかり。

ストーンオーシャンが早く見たい。
Netflix韓国オリジナルを代表する「キングダム」(19年にシーズン1公開)は1話あたり約20億ウォン(約1.9億円)規模の製作費が投じられたとされる。これに対し、Netflix日本オリジナルを代表する「全裸監督」(19年にシーズン1公開)は1話あたり5,000万円の規模にとどまる。この違いは、韓国と日本のネットフリックスにおける年間投資総額の違いが要因として挙げられる。
こんなおっさんがコメントすべきではないのですが、純愛というか、愛に溢れてるんですよね。愛の不時着、妻と観ましたが。

日本ももっと愛に溢れても全然いいと思う。って、言う感じです。
愛の不時着をはじめ、何作か韓国ドラマを観ていましたが脚本と映像の質の高さが圧倒的で、1話1話が映画のようでした。
国を挙げてエンタメに力を入れているとは聞いていましたが、ウェブトゥーンと呼ばれる漫画サービスにも国が支援しているのですね。

とはいえ、日本のドラマも漫画が原作なことが多く、その状況自体は韓国と変わりない気がします。
単純に最初からグローバルを見据えているか否かは影響してそうですね。なのでかけられる予算も小さくなってしまう。

かける予算が小さい→出せるアウトプットが大きくなりづらい→市場として投資しづらく全体的に予算が縮小する→…
の負のループに陥っている気がするので早く脱却してほしい。
韓国のウェブトゥーンをドラマ化する流れは今後も加速する一方、囲い込みの動きも出てきている。CJ ENM系のSTUDIO DRAGONはNAVERと、JTBC studiosを傘下に持つjcontentreeはkakaoとそれぞれ提携。さらに、kakao傘下のkakao entertainmentは制作プロダクションや芸能事務所を多く持っており、グルーブ内部で保有するIPを利用したドラマ化を今後さらに進めるとしている。
今後ウェブトゥーン原作の韓国ドラマを見るときは、原作の配信サイトと制作会社を欠かさず見ると。また違った楽しみ方ができるかもしれない。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績