新着Pick
156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一つ言えることは、医療以外の経済活動の方が圧倒的なわけですから、全面的な行動制限を強いた場合、社会経済に与える悪影響は甚大だと言うことです。

所得保障や経済対策をしたところで、ケインジアン的な対処法では効果がかなり限られることは、先の経験則通りです(データと実感が示しています)。

感染しても激症化が防がれるならばワクチンは打つべきでしょう。感染者がゼロにはならない。他方で、経済は回さなければならないものですから、行動制限派が言うほど簡単に私権は制限できません。だけに、政治も悩んでいる。

とはいえ、どうするのか。それこそレッセフェール的な共存に向かうのか。行動制限的な方向に舵を切るのか。そろそろ答えを出さなければならないのだとは思います。
新規感染者がまだピークに達していないことから、しばらく重症者が過去最多を更新し続けることはもはや避けようがなく、とにかく死亡者数が増えないことを願うばかりです。

一方で、新規感染者数は増加しているものの勢いは弱まり、実効再生産数も減少し続けています。これは検査数限界によるものなのか、それとも本当にピークが見えてきたのか、引き続きモニタリングが必要です。

これがもし本当に減少していたとして、その理由が気温だとしたら、デルタ株×冬になったらどうなるの?というあまり考えたくない未来が…
拡大ピッチは穏やかにはなってきています。

ところで、結構ビックリ‼️

「災害時と同様 自分の身は自分で守る行動が必要な段階」

東京都のモニタリング会議での発言です。

いや当たり前でしょう!
コロナの感染防止を他人にしてもらおうと考えている人がいるのでしょうか?
だから、オリンピックやっているから、私も外出する!とか、意味不明な理論展開になるんですね。

もちろん、警戒していても罹患することはありますが、感染対策を、他人や政府任せは根本的に間違えています。
重症者が218人、この背景に中等者で酸素を必要とする人がたくさんいます。医療への負荷がかかり、救急搬送困難事案が増えています。

きょうはさらに宮城、愛知、長野、静岡、兵庫など19府県で1日の新規感染者が過去最多。地方での感染の広がりが大きくなっています。まずはヒトの動きを止めることが最優先になっています。
重傷者は、今後とも増加することが予想されます。

一刻も早く医療体制にメスを入れなければなりません。

医療体制にメスを入れることを放置したまま重傷者が死亡すれば、都や国の不作為による死亡だと言っても過言ではありません。
飲食店を経営されている知人の方が、
お二人ともコロナに感染し、重篤化、先月お店を休業。
お店を閉店せざる終えなくなりました。

今朝、お二人が自ら命を絶たれたと連絡が来ました。
ご高齢のお二人にとってお店の無くすということは、終わりだったのでしょう。
コロナの自粛でお店を継続するのは難しい、無くしてしまった後の生活を維持するのも難しい。
日本全体の重症者も明日にも過去最多を記録してしまいそう。1-2週間後には今はまだ増えていない死者も増えてくるだろうから、更なる悪化を行動制限で食い止めつつワクチン接種を急ぐしかない。秋に少し落ち着けば次は高齢者への3回目と子供への接種に取り掛かるべき
オリンピック期間中は大人しかった報道が加熱してきて、実際の上昇速度がそこまで加速した訳でもないのに騒ぐね。日本ではいくら数字が上がっても病床数の問題よりも行動制限ばかり取り上げる人が多い。戦時中に大本営には何も言わなかった構図と何も変わらない。
陽性率によっては先週とあまり変わらない感染数になりますよね。感染者数に対して検査数のキャパが足りなくなってます。
ワクチン組の無症候感染者の行動がまずいような気がする。