新着Pick
182Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさにネット社会が生んだひずみ。個人が、匿名のまま、あまりに気軽に、違法に個人を傷つけることが可能になっており、しかも大量かつ小粒の事案なのでそれを訴えることも警察が取り締まることもコスト的に非常に難しいという構造です。
法改正により個人の特定について司法の整備は整いつつあり、こうした誹謗中傷の「匿名性」が容易に破られる可能性があるとなればそれだけで相当の抑止力にはなりえますが、逆に裁判での運用が過度に慎重になされれば抑止力は限定的になります。引き続き注視すべき課題だと思います。
SNSは匿名ではありません。

SNS会社に対して、誹謗中傷がある場合、弁護士を通して裁判所から、IPアドレス開示請求ができます。次に、インターネットプロバイダーに、弁護士などを通して、IPアドレスから契約者情報の開示請求ができます。あるいは脅迫などの場合は、警察が被害届を受理すると、警察が契約者情報の開示請求ができます。
これらの接続ログは保存していますので、SNSの投稿を消しても、接続ログは残っています。

つまり、家のインターネットやスマホを使っていると、個人が特定できます。
仕組みを知らずに、書き込みしているのでしょうね。
私が1番驚いたのは、日本卓球協会のHPに選手への誹謗中傷に関する警告が出ていないこと。
https://jtta.or.jp

選手がプレイ以外の部分で時間を使うのは、短い限られた競技人生の中で非常に勿体無いと思います。
物理的なプライベート空間に、本人の許諾なく侵入することは犯罪である一方で、オンラインのプライベート空間(DM、コメント欄やリプライ等)への侵入は認められており、かつ極めて容易に侵入できるよう設計できている。私は「見たくないものを見ない自由」を言論空間で実現すべきと述べ続けていますが、その理由は裁判での事後的救済は全く本質的な解決になっておらず、本人たちの精神的被害は回復しないためです。事前に予防するために、いかにして言論空間での承諾なき侵入を防ぐUI/UXを実現するか、引き続き声をあげていこうと思っています。
SNSが人の持つダークサイドを増幅している。
 一方で、オリンピックやスポーツは、未来に向けて踏みだし、困難に立ち向かい、希望をもって行動する人の力とその人徳の輪を増幅していると思う。
 スターウォーズのテーマである、ダークパワーと正義や人徳との闘いがSNSで激しさを増している。
YouTubeでは皆さん特定のワードを画面に表示せずに伏せ字で表示するようになりましたが、文脈に関係なくワードでAIが自動判定して、マネタイズが出来なかったり、アカウントがバンされるリスクがあるようですね。
デジタルタトゥーとして何十年たっても消えないあとが残る時代。
本件は言わずもがなで許しがたい行為ですが、如何なる場面に置いても誹謗中傷に該当するようなワードは利用を避けるべきだし、今後は制限又は規制されるようになるかも知れませんね。
政治関係についても制度の批判は良いと思いますが、人の批判はすべきではないと思います。ここは大きな違い。
こういうこと書く人間は捕まるまで続けるので、片っ端から検挙する(被害届出ていなくても)という方法が一番効くと思います(検挙に不満あれば裁判すればいいだけ)。それでも次から次へと出てくるだろうけど、エスカレートして書き込む本人が狂う前に止める効果はあります。
一番意味ないのは道徳的理屈を並び立てること。本人は無意識かもしれないが、丁寧語で道徳的、倫理的な書き込みで他人を追い込む人間もまたこれらの書き込みをする人間とたいして変わらない。
選手個人ではなく、組織委や連盟・団体が対応し守るべき。デジタルリスク協会(炎上協会)がお手伝いしますよ。
この手の報道はマスメディアの権威維持のためだという見方をしている。
SNS台頭により、マスメディアの意義が問われる中で、ダイレクトメッセージの危険性を主張し、自らの存在意義を示しているのではないか。
やられた個人は強く対応すれば良いし、影響力のある人なのでやるべき。これできちんと損害賠償が取れるようになると、ニオイを嗅ぎつけた弁護士事務所が丸々請け負うサービスとか出してくれて抑止にはなるのでは、と。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン