新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゴールドマン氏は、ビヨンドミートの経営に携わったことで、植物ベースの環境配慮型食品への強いコミットメントを自覚するとともに、新たなビジネスの可能性を感じたといいます。

環境意識の高い層が、健康意識も高い傾向があることも意識しているのでしょう。通常は廃棄される規格外マッシュルームで、且つオーガニックのものを使用しています。
そのまま食べるほか、フリーズドライ食品のように、サラダやスープの具などにも出来ることを特徴としています。

こういったビジネスは、日本のスタートアップでも、大手食品メーカーでも、真似できそうですね。
Meatiなど、他にも最近よくマッシュルーム代用の話題多いですね。低カロリー・タンパク源としての期待、CO2負荷軽減、マッシュルームレザーなどアパレル方面への転用も含めて幅広い可能性を秘めていると思います。食用に関して言えば、昔から旨味の源としても活用されていて、日本だと代表的なキノコは椎茸があるが、椎茸の場合は嫌いな人も多いため、汎用性を高めるためにマッシュルームエキスを代用するパターンも多い。お煎餅にマッシュルームエキス入ったりしてるのも、この類ですが、比較的浸透しやすい選択肢ではないかなと思います。
内容じゃなく日本側のタイトル問題なのですが、「連続起業家」というのにかねて違和感があります。連続する人だけ起業家って呼ぶんじゃないですかね。連続作曲家とか連続マンガ家っていませんよね。1回だけ起業した人は実業家か創業者か起業経験者じゃないですかね。
マッシュルーム・ジャーキーとはまたニッチな、と思いましたが面白い起業ストーリだったのでPick