新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この一連の流れは、MVNOに一番恩恵があると総務大臣が言ってたが、あれは何だったのかと思える今の状況。
MNOはMNOで、MVNOより料金が安いとか言われる。

docomoのエコノミーは、2社のサブブランドを巻き込み、MVNO同士の競争が加速しそう。dサービスの外販でメリットあるのはdocomoのほうで、MVNOのユーザー引き留め、加入者増加に繋がるとは思えないけど。
エコノミーが発表され、その内容によって差があると認識すれば、auとSoftBankも追随するでしょう。求められるのは差別化よりも横並び。価格が一方より高いと、それだけで批判される要因になる。

消費者に良い面ありますが、MNOとMVNOのどちらも不憫な状況になったなと思う。
MVNOは、大部分はドコモ回線を使っていると思う。なので、気になるのは下記。
『NTTドコモは、小容量ニーズに対してはMVNOとタッグを組み、「エコノミー」と称する安価な料金プランを実現すると20年12月に公表している。しかし、いまだにその詳細を明らかにしていない。』
ITジャーナリストの石川さんらしい論調。
ここ数年、docomo、KDDI、SoftbankといったMNO事業者が悪者にされてきたが、政府の通信行政の失態こそが本来は悪者にされるべきである。そして、その最たる被害者がMVNO事業者ということをよく覚えておきたい。
MVNOは大手の傘下に入るか、統廃合必至だと思います。

>いずれにせよ、3キャリアが小容量プランに本気になれば、MVNOは太刀打ちできなくなるだろう。3キャリアの収益には一時的にマイナスの影響があるだろうが、将来的にはキャリアの寡占が進むのは間違いない。

業績

時価総額
9.8 兆円

業績