新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本と同じことが起きています。製造業の人手不足です。農業はなおさら人手不足でしょう。
 少子化で、大学への進学率は上がり、こぞってホワイトカラーの職に就きます。職業訓練校を大学にする、というのは、日本でもずいぶんやってきたことです。水産業でも林業でも、農業でも、福祉でもやりました。ものつくり大学というのもつくられました。日本の場合、高専を増やし、大学に編入できるようにしたことでかなり成功したといえるでしょう。
 それでも人手不足は解消されず、外国人に働きに来てもらって維持している、というのが実情です。ホワイトカラーの方がブルーカラーより給与が高いからです。これは、グローバルなスタンダードで、国際的な労働市場でそうなっています。
 結局、ホワイトカラーの方が給与が高い限り、教育費は上がり、少子化は止まらないでしょう。ホワイトカラーの枠には限りがあり、大卒者全員がホワイトカラーの正社員になることはできなくなります。第1次産業や第2次産業の給与が高くなれば解決することは多いです。しかし、それは国際的な市場を覆すことなので、中国にそれができるかが問題で、できなければ、日本でそうだったように、解決にはならないでしょう。