新着Pick

【徹底検証】なぜカリスマ経営者の下では社員が育たないのか

デルフィーコンサルティング株式会社 | NewsPicks Brand Design
877Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「このチームの本当の問題は何か?」

10年間、マネジメントコーチとして日々この問いを軸にクライアントと向き合ってきた経験と、今の私の解釈を記事にしていただきました。

企業や個人の価値観によって賛否両論あるかと思いますが、多くの経営者やビジネスパーソンに読んでいただけたら幸いです。

今回、この記事のためにご協力いただいた、西酒造 西社長、エー・ピーホールディングス 野本取締役、NewsPicks 原木様 大高様、本当にありがとうございました。

そして、これまでお付き合い頂いたクライアントの皆様に感謝です。
人気 Picker
会議って、いったい何人からが会議なのだろう? 

例えば、1対1の立ち話レベルの時に、とても大切なヒラメキや気づきを得ることもある。逆に会議の出席人数が多ければ多いほど、下を向いてスマホをいじってる時間が多くなる。

要は、人数が少ないほど、中身が濃くなるし、多いほどほぼ連絡会状況になりがちだ。

であるなら。出席人数に応じてある程度、会議の目安時間を設定するようにすればどうだろう。1〜5人の場合は最長2時間まで。10人までなら1時間以内で終了。10人以上なら30分以内で終わらそう。なんて具合に。

人数と会議の質を、時間によってコントロールすることが重要。
取材を担当しました。
記事の要旨は、デルフィーコンサルティング久保田さんが言ってくれた、この部分。
「目標を達成できない企業があるのは、そのための手段がわからないからじゃない。
(わかってるのに)達成に必要な意思決定をしないからだ」

記事ではちょっとマイルドに書いてますが、企業がその意思決定をできるまでのセッションの紆余曲折が興味深くて(結構ワイルドなお話も笑)、
もし体験された方がいれば、ぜひコメントいただきたいです。

最後に書き添えておきたいのは、バナーの久保田さんはお話が面白いナイスガイだということです。
インパクトを狙って映画『孤狼の血』に出てきそうなバナーになってますが、そんなことないので、ぜひお気軽にお問い合わせを☆
課題の先送り…仕事柄、よく直面する事象である。分かっているのに、出来ない理由が目の前に立ち塞がる組織的な"PDCA"を本当に感じる。ここで言う、"PDCA"は、Please Don’t Change Anything の略である。本来のPDCAも、「Plan」ばかりに時間を掛けて、実際に実行する「Do」に向けた取組みが全く進んでいない、完全な頭でっかち足尻つぼみ状態である…。また、そんな企業の特徴の一つにROIを短期に求める姿勢が強い。大きな成果を得るためには、最終到達ゴールまでの道筋を具体的に描写し、誰もが分かるレベルでDoまで落とし込み、途中経過を見極め、状況判断を素早く行い、然るべき修正=ピボットする姿勢が本当に重要である。途中でプロジェクトの責任者が異動したり、離任する人間もいる…誰かに依存するプロジェクトではなく、組織として躍動させることができる状態を如何に作り上げるかが肝だと心底思う。途中で思い通りに進捗できない状態になったら、推進するために必要となるコンディションを見直すことを推奨したい。スコープ、タスク、リスクなどは、もちろん重要であることは言うまでもないが、特に、チームメンバーの士気やプロジェクトへのコミットメントに変化が見られないかを常に留意したい。Team is highly performing ?の視点は利害関係者とも共有したい成功要因の一つだと思う…。
上がカリスマだとイエスマンにはなりがち。でも本当にすごい経営者はそれが分かってるからうるさい人も下に置くし、自分にモノ言えない人なんか上げないと思いますね。
自由にものを言える雰囲気がある組織は強い。 地方自治体の役所の場合だと、主張のいう事には反発できないけれど、対話で何が良いのか導き出すやり方で良い成果に繋げたいなと思う。
言ったら決裁が下りなくなりました
ふむふむ
Premiumを無料で体験
登録・ログイン