新着Pick
543Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
初見ではなかなか厳しい買収になるのではと思ってしまった。ズームの強みは何と言ってもビデオ映像配信であるもののネットワークに制限されないくらい技術的に長けている点と導入の気楽さ。直接競合していた時もやはり他社が企業向けで数日かかることを数時間で実施できる簡易さの作り込みは差別化要因となっていた。

コールセンターでビデオが多用される時代は想像しにくいので音声に限定するとすると、スカイプの発展版のように聞こえてしまう。エンタープライズ領域で確かな需要があるものの、電話線の置き換えに過ぎない。既存ユーザーもファイブ9からズームフォンに切り替わったところで大差は感じず何をクロスセルするのか疑問に残る。リモート下に慣れてインサイドセールスと呼ばれる電話営業が成長する見込みは確かにある。

株価を考慮して、このタイミングで株式による買収は王道だと思うが、ひっそりと違うエンタープライズ向けサービスを構築しているのかもしれない。従来の技術エッジと一般ユーザー向けに築いたブランドを活かし、B2Bで大暴れして欲しいと思う。
Zoomが異例とも言える日曜日の発表。内容は、同社初の大型買収(1兆6000億円!)。さらに、月曜日、投資家向けの説明会をアメリカ西海岸時間で朝5:30に行いました。日本時間で昨夜9:30でしたが、NYの市場オープンに合わせた説明会で、さすがにエリック・ヤンCEOも少し眠そうでした。

MSやSlack(セールスフォース)との競争が激化する中で、コールセンター系のSaaS企業買収という考えられた一手です。
本買収は明確にZoomの事業インダストリの拡大を意味しますね。

これまではMicrosoftのTeamsやGoogleのMeetなどテレビ会議ドメインでの競争でしたが、今後はIP電話領域に広げることで、Ciscoの本業やGenesys、AmazonのCloud部門などが競争相手になってきます。

どちらのマーケットが大きいかと言うと、圧倒的に新領域。
現時点で10倍くらいの差があります。
President職を渡してしまうのは非常に合理的です。

また、法人は比較的弱かったZoomがその顧客候補リストを手に入れたことにもなります。
Zoom単体で見た時の買収効果はこれです。よくある買収による「顧客買い」ですね。

コロナが収まりつつあるUSにおいて、Zoomは引き続き有料会員数を堅調に伸ばしつつあります。
すなわち、ハイブリッドな働き方が浸透しつつある中で、これまでリモートワークはしていなかった企業もそれを採用しつつあり、各社そのプラットフォームを選定中。

Zoomにとって刈り取り時期は今です。
この1~2年くらいで勝負は決まってしまいます。
業務Appの現場の心理的スイッチングコスト高いのです。


実はこのコールセンター領域はこれまであまりGAFAMが本格的に入ってきていない数少ないフロンティア。

とはいえ、これから1年間でカウンターアクションとしての買収はMSやGoogleあたりから十分にあり得ると思います。
TAMが広がるのはその通りですが、どちらかと言うと元々のzoomのTAMである620億ドルは、競争激化により獲得スピードが落ちてきています。そのスピードあげるのが目的でしょう
zoom phoneがfive9の顧客に導入
→zoomによるTAMの獲得スピードが上がる
この辺りでしょうか。社長を譲ってPMIの成果を強調するところからも大胆に任せそう
下記が買収に伴う発表資料。
スライド12・13が興味深い。記事に出ているTAMについての議論も含むが、抜粋すると
・TAMは、Zoomが62Bn USDに対してFive9は24Bn USD
・売上は、Zoomが3.3Bn USDに対してFive9は0.5Bn USD
・過去12カ月での売上成長は、Zoom296%に対して、Five9は37%

この数値に対して手触り感があるほど詳しくないが、Five9は創業20年ほどの企業で、TAMの割にシェアを取れていない印象。BtoBで、パケット消費の少なさ(Google Meetなどに比べてかなり少ない)や音声品質などでクロスセルをしながら売りたいのだろうし、今後も今回のような通話領域周辺のボルトオンM&Aを続けていきそう。
Zoomについては、ちょっとTAMは盛りすぎている印象。電話など含めて奪っていくという想定なのだろうが、電話を奪うときは単価も下がる(現在のTAMより下がる)と思う。

https://bit.ly/3eRA5bh
Zoom社のオンライン会議ドメインの成長は鈍化していきます。競争相手の成長と技術的差別化の縮小、更にコロナ禍で急増したマーケットの拡張も鈍化します。しかし、少し収まったものの時価総額は10兆円規模と大きく、それを梃子にして事業ポートフォリオの拡大を急がなければならないタイミングであることは間違いなく、今回チャレンジに出たということだと思います。

問題は唯一シナジーです。Zoomフォンは製品の良し悪しは分かりませんが、通信電話マーケットを侵食できるでしょうが、それだけでは限られたマーケット内の奪い合いに過ぎません。クロスセリングは期待通りにいかない例も大きく、思惑通りに行くのかどうかが大きなポイントになりそうです。

私には全く分かりませんが、テクノロジー的に双方にメリットがある可能性があるのではないでしょうか。その確信があるから大きな賭けに出たのではないかと、勝手に推測しています。これからの情報に注目です。
1兆円以上の大型巨額買収であるが、それでもZoom自体の時価総額の10分の1。
Zoomに限らず、米中のテック系の時価総額の増大が止まらない。日本企業はもう少し時価総額を上げることを意識しないと、あっという間に買収されてしまうリスクに晒されている。
Zoom Phoneの拡販が主な狙いでしょう。これまでもファイブ9との連携を打ち出しています。しかし、ハードウェアは本当に必要なのか、少し疑問です。アプリのほうが使いやすいように思います。
前年比50%増でも成長鈍化と言われる企業って、、
オフィスに社員が戻ってきたとしても、リモート会議がなくなるわけではないので、離脱率が急増するわけではないですが、参入障壁が低いことがネック。
コールセンターに目をつけたのはとても良いかと思うんですが、株価は大幅に下落してますね。
クロスで顧客シナジーがありそうです。Teamsの逆襲もある中、慧眼に思えます。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン