新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「お前、来て、やってみろ」は駐在員あるあるかもしれませんが、現場と本社の感覚のずれが最も起きやすい国の一つがインドなのかもしれません。ソニー・インディア・ソフトウェア・センター元社長の武鑓(たけやり)行雄さんへのインタビュー、インドとのビジネスを考えている多くの日本企業にとっても参考になる視点があると思います。
OKY。お前ここに来てやってみろ。
新興国の実態を知らない日本人とのやり取りを象徴する笑える言葉ですね。

一昔前、頻繁にインドを訪れていました。出資している企業もありましたし、更に提携や買収を真剣に考えていました。IT企業は、名だたる大手でなくても大きなキャンパスを持ち、技術者の育成に真剣に取り組んでいました。社員も必死です。成り上がる唯一のチャンスと言っていい。すべての企業のターゲットは北米だと言い切れる。マーケットが大きいのと、英語圏だからです。日本をターゲットにしている企業はまだ少なかった。

ある笑い話があります。友人から聞いたまことしやかな話です。彼はインドのとある大手IT企業を訪問しました。幹部に会うなり彼は聞きました。受付から始まる何千人の行列は何なのかと。幹部は答えます。あなたのオファーに応募してきた人達だと。ほんの少数の募集に対して、何千人? どうやって選ぶのか? 最初から偶数番手(受付番号)だけに絞ろうか。それでも多すぎる、素数番手だけにしようかと。本当に貪欲に仕事を求める優秀な人材に溢れている象徴的な話です。

今現在は様子がだいぶ変わっているとは思いますが、そのモチベーションは同じであろうかと思います。

そんな感覚は、実際行って、話して、付き合って、北米での浸透ぶりを直に確認し、また、実力を仕事を共にすることで理解するしかありません。幹部は特に優秀で、経営スキルに秀で、北米を相手にしているために、先端テクノロジーは日本企業より遥かに進んでいます。

優秀な人材をパートナーにするためには、お互いの価値観を理解し、信頼し合うことです。日本の実態も全部晒して、理解してもらいましょう。
武鑓さんお元気そうで何よりです!
武鑓さんとはインドで再会したいです(笑)
ともあれ、おっしゃるように、少なくともほんとうに南インドの方は穏やかで日本人にとってコミュニケーションとりやすいです。日本の次の世代のためにも、インドとは継続的に関わるべきと思います
インドは人口が多く、過去に英国の植民地だった背景から英語も公用語。ヒンディー語だけでなく現地民族の言葉はかなりたくさんあるが、英語なら意思疎通が可能なので英語必須。
そして、国内の産業といえば医薬品製造は目立つが…ITはこれからなのでしょう。一方でインドの数学は歴史的に秀でていると言われてきた。IITが国内最高峰の大学だがそこの卒業生は仕事を求めてシリコンバレーに駆け込んできた。
インドの人口は10億人もいるが、実際にインドで大都市圏と言われるところは限られてる。殆どがとんでもない田舎だ。(原野と言っても差し支えないところも多い)
未だにカーストも南インドの方が根強く、低い身分の人たちはそうした旧時代から抜け出したいという気持ちも強いだろう。なにせ、アメリカにはカーストは関係無いから。児童の家事労働従事やらも禁止されたのはつい最近2006年だ。
インドを市場として各メーカーも見てるし、TVなんかはインドでウケる色味に調整されたりしている。価格設定なども先進国向けとは全く違う割り切りが必要だ。
「OKY(おまえ、ここに来て、やってみろ)」…日本語だったのですね…笑

インドで気をつけないといけないのは、きちんとした教育を受けてきた人たちは、目上や上司には「No」とは言わない…という礼儀教育を受けているので、「Yes」とか「Okay」という言葉を、そのまま真に受けると、結構、後が大変になった…という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そちらのことかと思っていました。

インドの文化を知らないと、上記も「嘘つき」だと思ったりして、良い関係を構築できません。

あと、バンガロールは、ほぼ、米国に近い文化、環境なので、厳密に言えば、インドで働いたという経験にはならないように感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません