新着Pick

会社の雰囲気を悪くする「おっさん」の3パターン

東洋経済オンライン
僕が『「疑う」からはじめる。』を書いたのは、ルールや慣例、過去の価値観、肩書といった「あたりまえ」に対して、「本当に従う必要のあるルールなのだろうか」「本当に価値があるものだろうか」と、読者の皆さん…
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここに書かれた3つの悪いパターンはおっさんに限らず良くないことです。
むしろ、「いいおっさん」の例を書いてあげた方がおっさんにとって参考になるのではないでしょうか。

それから、おっさんばかりが批判されますが、今どきは「おっさん、おばさん」と併記しないと性差別になるのではないでしょうか。
自身の経験でしかものを喋れない
物事を論理的に考えることができない

大多数の方はコレ
おっさんに限らずですが
いまは[タイプ3]女性差別に無自覚な「おっさん」が一番気をつけるべきことだと思います。強制的にでも自分の考えを変えていかなければならないものだと思います。
論理的な説明はできないくせに、〜はダメだと注意してきたり、社のルールだからと、完全に思考停止した「おっさん」たちが淘汰され出したことを最近実感します。既成概念にとらわれない、自分自身も気をつけたい
「おっさん」が「年配の先輩」ならある程度同意。同調圧力ってオバハンも強いし、特に若い女性社員の敵になったり邪魔するのは同性が多いこともある。まあ全て「人による」けど。結局人にレッテルを貼る行為をやるのが、この記事に書かれている良くない人。そしてそれをやっているのもこの記事。
内容はごく普通だと思いますが、かっこ付きでも「おっさん」の表現は今の時代に合わないような気がします。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン