新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インフレ目標の見直しは、記事の通り、わかりにくい内容になっています。

つまり、インフレ目標は対称的に2%になりましたが、公表文でも上下双方ともに乖離は望ましくないと言っています。ラガルド総裁も、FRBのような平均インフレ目標とは違うと明言しています。

一方で、ラガルド総裁は、インフレ目標の中期的な性格を明確にするとともに、低インフレで政策金利がELBの近傍にある局面では、強力かつ持続的な金融緩和が必要であり、この結果、一時的にはインフレのオーバーシュートを許容するとも説明しました。

これらを整合的に理解すると、原則としてインフレ率の目標からの乖離は容認しないが、現在のような局面では一時的な上方への乖離を容認するという、いわば「状態依存型かつ限定的な平均インフレ目標」とも言うべき仕組みです。
コロナ対策を踏まえてよりハト派でより柔軟な姿勢を明確にしてきましたね
EUは規律が厳しいことで知られていますがそれを緩めた格好です